メニュー

【ネコヤナギ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【ネコヤナギ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ネコヤナギ
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ヤナギ科

特徴:日本原産の落葉性の樹木で、河川の土手などに自生する姿が見られます。
3月~4月になると花が咲き始めるのですが、咲くと言っても目立つような花びらはなく、銀白色の毛をした愛らしい形が特徴的な花穂を付けます。
早春に川辺で穂の出る姿は美しく、この花穂をネコの尾に見立てたことで、ネコヤナギの名前があり、花穂は生け花にもよく用いられています。
他のヤナギ類の開花よりも一足早く花を咲かせることから、春の訪れを告げる植物のひとつとしてもなじみ深い樹木です。
春先にアブラムシが発生しやすいので、予防、駆除のために薬剤を散布するなど早めの対策が大切です。
また、ネコヤナギの樹液は多くの昆虫が好物としています。
夏場にはカブトムシやクワガタムシなどのほか、スズメバチもよくやってくるので注意が必要です。
ハチには営巣場所としてというよりは、餌場として人気があるようです。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 

お問い合わせフォームはこちら