メニュー

【マツ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【マツ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
マツ(松)
H⑬matu1 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム H⑬matu2 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:マツ科

特徴:マツ科マツ属の常緑高木〜低木の総称で北半球に約100種があります。
日本にはアカマツ、リュウキュウマツ、ゴヨウマツ、ハイマツ、クロマツ、チョウセンゴヨウなどの自生が見られます。
アカマツとクロマツの材は建材、器具、薪炭、パルプなど種々の用途があり、幹からは松脂(まつやに)がとれます。
クロマツ、ゴヨウマツは観賞用、特に盆栽に利用されるほか、庭木、街路樹などとして植栽されることもあります。
なかでも、クロマツは樹高が30mにもなり寿命も長いため、長い年月をかけて枝づくりと樹形を維持していくと、風格がある庭の主木となる代表的な樹種です。
害虫に対して強く、育てやすい種ではありますが、庭木としての樹形を美しく維持するためには、技術と知識を要する手入れが必要です。
このほか、海外に分布するマツの仲間もコニファー(針葉樹の総称)の人気とともに、近年は多くの品種が導入されています。
まれに根元の土中にオオスズメバチ営巣してしまうことがあります。

蜂遭遇率:低い
蜂の種類:オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

お問い合わせフォームはこちら