メニュー

【ネムノキ・ゴウカンボク】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【ネムノキ・ゴウカンボク】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ネムノキ・ゴウカンボク(合歓木)
H⑫nemunoki1 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム H⑫nemunoki2 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ネムノキ(マメ)科

特徴:日当たりのよいところに樹高8mほどに育つ落葉高木です。
葉は夜になるとゆっくりと自分で閉じ、その姿が眠りにつくように見えるところからネムノキの名前がつきました。
6月から7月の夕方に、枝先に化粧用の刷毛(はけ)に似たかわいい形状をした紅の花を咲かせます。
観賞用以外にも、街路樹としても使われることがあるほか、害虫駆除、鎮痛、家畜の飼料などにも利用されています。
塩害に強い特性から、日本では古くから海岸線の防風林として利用されています

漢字名の「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされていることから付けられました。
害虫に対する耐性があるため、害虫の被害やハチを作ることはあまりない樹木といえます。


蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

お問い合わせフォームはこちら