メニュー

【ナツハゼ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【ナツハゼ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ナツハゼ(夏櫨)
H⑪natuhaze1 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム H⑪natuhaze2 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ツツジ科

特徴:夏にハゼノキのような紅葉が見られることからこの名がつけられました。
日本の平地に自生する植物なので、暑さ寒さに強く、栽培が容易です。
酸性土壌を好み、細い根が地表近くに張るので、水はけがよく、極端に乾きすぎない土壌で育てます。
果実は10-11月にかけて熟し、ブルーベリーに似た黒褐色になります。
甘酸っぱいため、生食のほか、ジャムや果実酒に加工することができます。
ナツハゼは紅葉も美しく、姿も野趣に富み、和洋を問わず庭植えすることができますので、観賞用としても近年人気の高い植物です。
日本では神奈川県と鹿児島県で、レッドリスト(絶滅危惧種)の指定を受けています。
丈夫で育てやすい種ですが、果実をつける時期にハチを含め多くの虫たちが集まるので注意が必要です。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い

 

お問い合わせフォームはこちら