メニュー

【アーモンド】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【アーモンド】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アーモンド
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:バラ科

特徴:樹高は約5メートルになり、春には白色・桜色・桃色の花をサクラ同様一斉に咲かせます。
枝に沿うように花を付けるため、桜色・桃色の花の品種の場合は一見モモの花のように見えるのが特徴です。
アーモンドの実は日本の気候ではあまりたくさんは収穫できず、果実が熟す時期が梅雨から台風の時期に重なるため、果肉部分が割れたらすぐに収穫しないとカビの発生や腐敗のほか、虫に食われたりするので注意しましょう。
アーモンドの果肉は薄いため食用になりませんが、果肉と種子の殻を取り除いた仁と呼ばれる部分(生アーモンド)を炒ったり揚げたりして食用にします。
アブラムシが春から秋、特に3月から5月に多く発生しますので、薬剤散布防除するか見つけ次第、駆除しましょう。
開花期は3月から4月で、花にはミツバチがやってきます。
アシナガバチスズメバチが活動しはじめるころには、花は散っていますが、5月~8月に実をつけますので、この間は少し注意したほうがいいかもしれません。
また、木にも主にコガタスズメバチを作る事があります。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 

お問い合わせフォームはこちら