メニュー

【モモ・ハナモモ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【モモ・ハナモモ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
モモ(桃)・ハナモモ
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:バラ科

特徴:中国原産の落葉樹で、日本には古い時代に渡来し、古くから親しまれています。
主に果実を食用とするための品種と、主に花を観賞するための品種があります。
開花期は3月~4月で、サクラの開花前に咲くことが多いようです。
花を観賞するために改良されたモモは特にハナモモと呼ばれ、花つきがよいため、庭木などによく利用され、桃の節句(雛祭り)に飾られる花としてよく知られています。
モモは1本だけでもよく結果し、わずか数年で成木になり、たくさん実をつけます。
しかし、病害虫が多く、薬剤散布や摘果、袋かけなどの手間や技術が必要で、ただ植えておくだけではよい実は収穫できません。
開花期に花にはミツバチがやってくるほか、収穫期となる6月~9月上旬には様々な生物に交じってスズメバチがやってくるので注意が必要です。
また、まれにですがコガタスズメバチが枝にを作る事があるようです。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

お問い合わせフォームはこちら