メニュー

ミツバチ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

ミツバチの特徴

honeybee image 03

ミツバチは非常に体が小さく、ハチの中では最もおとなしい性格だといわれています。

さらに、一度人を刺すと死んでしまいますので、よほど巣に近付いて刺激しなければ、自分から人を攻撃することはめったにありません。

他のハチとは異なり、養蜂による蜜の採取や作物の受粉にも広く用いられるなど、人にとって有益なハチといえます。

住宅地でも趣味でミツバチを飼われる方がおられますが、ミツバチには分封(ぶんぽう)とよばれる引っ越しの習性があり、ご近所に巣を作ってしまうことがありますので注意が必要です。

2012年に養蜂振興法が改正され、原則としてミツバチを飼育する場合には都道府県知事への飼育届の提出が必要になっています。

 

⇒刺すのは一度だけ?

⇒ミツバチの天敵 

ミツバチの種類

ニホンミツバチ

日本古来の野生のハチで、体全体が黒っぽく小さな体をしています。
一般的にセイヨウミツバチよりもおとなしいとされています。

セイヨウミツバチ

養蜂を目的として輸入されたハチで、黄色っぽくニホンミツバチよりやや大きな体をしています。

セイヨウミツバチはニホンミツバチよりも多くの蜂蜜を貯めるため、養蜂業者や趣味で養蜂をされる方におもに飼育されている種類です。

ミツバチの巣の特徴

honeybee image 01

ミツバチは主に屋根裏や床下、木の洞など人目に付きにくい場所に巣を作ります。

巣の形状は、自然の状態では巣板と呼ばれる鉛直方向に伸びる平面状の構造のみからなり、ニホンミツバチやセイヨウミツバチは複数枚の巣板を形成し、10枚以上にのぼることがあります。

巣板は六角柱が数千個接続した構造で、このような構造をハニカム構造(honeycomb、蜂の巣の意)と呼び、強度に優れ、材料が最少で済むという特徴があります。

通常は巣板の表面を数千匹~数万匹の成虫で覆われているため、黒っぽい大きな塊となっています。

honeybee image 02

巣が成虫で覆われている場合は、蜜が垂れてくることはありませんが、巣が大きくなったり、ミツバチを駆除した後の巣の処理を怠ると、巣に蓄えられた蜜が天井や壁などから部屋の中に染み出してくることもあり、その蜜の匂いに誘われてゴキブリやアリ、さらにはスズメバチを引き寄せるほか、天井や壁を腐らせるといった問題も発生します。

新たな女王蜂が誕生した巣では群の分割(分封)が起こり、旧女王バチは働きバチを半数ほど引き連れ、新しい営巣場所を探しに出ます。

木の枝などでミツバチが数百匹~数千匹の塊になっている事がありますが、これは、分封の際に新たな営巣地を見付ける途中で休んでいるだけで、通常は2日程でいなくなります。

⇒こんなところに蜂の巣が!

⇒分封に関するニュース

 

お問い合わせフォームはこちら