メニュー

ハチ被害ニュース | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

マラソン練習中の小学生7人ハチに刺される!

2016年10月4日
 
山形県米沢市広幡町上小菅の市立広幡小付近の道で4日、マラソン中の児童7人が首や腕などをハチに刺されていたことが5日、分かった。
病院に運ばれたが、いずれも軽傷だった。
 
広幡小によると、4日午前8時25分ごろ、マラソン大会に向けた練習でコースを周回していた4~6年の男女7人が刺された。
キイロスズメバチとみられ、校舎から西側に約60メートル離れた斜面の草むらに巣があった。
教諭が直前に確認した際は、巣に気付かなかったという。
 
市教育委員会が巣を除去し、規制線を張るなどして対応。
6日のマラソン大会は予定通り行うが、コースの変更も検討しているという。
 
ニュース元 
 

児童ら10人オオスズメバチ被害!

2016年9月16日
 
午前9時過ぎ、東京・日野市にある市立潤徳小学校3年の児童9人と教師1人の計10人がスズメバチに刺された。
ハチに刺された時、児童らは小学校のすぐ裏にある緑地で、理科で生き物を観察する課外授業中だったという。
付近で見つかったのはオオスズメバチの巣。

市の担当者「木の根っこの下に、7~8年前に台風で倒れた木の下に隙間があって、そこに巣を作ったみたい」
オオスズメバチの巣は、倒木の下にあったという。
緑地の周辺は規制線が張られ、物々しい雰囲気となっていた。
 
警視庁などによると、児童らは、頭や手足などを刺され、全員病院に搬送されたが、いずれも症状は軽く命に別状はないという。
日野市は、緑地に看板を設けて注意を呼びかけ、小学校も安全性が確認されるまで緑地への立ち入りは見合わせるとのこと。
 
ニュース元 
 

マラソン大会 115人スズメバチに刺される!

2016年9月11日
 
午前10時ごろ、岐阜県飛騨市神岡町で開かれた「山の村だいこんマラソン大会」のハーフマラソン部門に参加していた男女ランナー115人がスズメバチに刺された。
同市消防本部や大会事務局によると、いずれも軽傷で、現場に待機していた医師や救急隊員らの手当てを受けた。
うち8人は自分で病院に行き、受診した。
入院者はいなかった。
 
大会事務局によると、ハーフマラソンには697人が参加。
折り返し地点の手前にある橋付近で襲われていた。
橋の下にサッカーボール大のキイロスズメバチの巣があり、大勢のランナーが走った振動や足音がハチを刺激した可能性がある。
30~40人ほどが刺された影響で途中棄権した。
滋賀県 京都 大阪 福井県 三重県 蜂の巣 スズメバチ 駆除

橋の下で見つかったキイロスズメバチの巣

(飛騨市教育委員会提供)

前日の試走では、異常はなく、地元住民も橋の下に巣があることは知らなかったという。
事務局の担当者は「今後はさらに入念なチェックが必要だと考えている」と話している。
 
大会は地域住民の交流を盛んにするため開催され、今年で18回目。
800~1000メートルの高原を駆け抜けるコースで、参加者には地元野菜がプレゼントされる。
3、5、10キロのコースもあり、全体で1539人が参加していた。
 
ニュース元 
 

スズメバチに十数か所を刺された男性が死亡

2014年10月12日
 
9日午前11時20分ごろ、兵庫県たつの市揖西(いっさい)町の山道で、ハチに刺された男性がいると119番があった。
 
たつの署によると、刺されたのは同市揖西町、無職の白谷好弘さん(79)で、頭など十数か所を刺され、搬送先の病院で死亡した。
 
白谷さんは植物を採るため山を訪れていた。近くの衛生処理場職員が、スズメバチとみられるハチに群がられた状態でうずくまっている白谷さんを見つけた。
 
ニュース元
 

車衝突、木には巣が…ハチの大群が女性2人を襲撃!!

2014年3月9日
 
女性2人がハチの大群に数百カ所刺される惨事が発生しました。
 
ロサンゼルス郊外で9日、車2台が衝突する事故がありました。車を運転していた女性2人が話し合いのため車の外に出たところ、突然、大量のハチが2人を襲いました。
 
目撃者:「ハチに覆われ、体中刺されているのを見たわ」
 
衝突のはずみで、ハチの巣がある木にぶつかっていたのが原因です。ハチの襲撃を受けて、2人のうち1人は近くのプールに飛び込みました。また、もう1人を襲っていたハチは、駆け付けた保安官が消火器で追い払いました。2人は数百カ所を刺されましたが、命に別状はないということです。
 
ニュース元
 

繁殖期の狂暴スズメバチ1675人刺し41人が死亡 中国

2013年10月3日
 
中国でスズメバチに1600人以上が刺され、41人が死亡しました。
 
中国の国営テレビによりますと、内陸部の陝西省で、今月1日までに1675人がスズメバチに刺され、41人が死亡しました。スズメバチは毒性が強いため、刺されると心臓や腎臓などの機能に障害を引き起こします。
 
専門家は、「今は繁殖の時期なので、スズメバチは凶暴になりやすい。また、この秋は気温が高いため、スズメバチが大幅に増えた」と話しています。
 
地元政府が現地に派遣した専門家チームが、けが人の治療やスズメバチ駆除の指導をする予定です。
 
ニュース元
 

ハイキングで突然 中学生ら11人がハチに襲われる!!

2013年8月22日
 
中学生ら11人がハチに刺され、搬送されました。ハイキングの途中で突然、襲われました。 
 
22日午後1時半すぎ、横浜市栄区の「金沢市民の森」で、「多数の生徒がハチに刺された」と引率の教師から119番通報がありました。
 
消防によりますと、中学1年から3年の男女10人と、生徒を守ろうとした教師1人の合わせて11人がハチに刺されて病院に搬送されましたが、全員軽傷です。
 
中学校によりますと、バスケットボール部の部員と引率の教師合わせて30人が朝から郊外遠足に出かけていて、ハチの巣の近くを通ったところ、突然、襲われたということです。
 
ニュース元
 

お問い合わせフォームはこちら