メニュー

【カボス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【カボス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
カボス
カボス  
科名:ミカン科

特徴:
常緑広葉樹で高さは約2~2.5メートル以上になります。
幹や枝に鋭いトゲがあるのが特徴で、スダチ同様、開花時期は5~6月になり、収穫時期は9~10月になります。
皮が緑色の未熟果の時に収穫するのが一般的で熟すとミカンのように黄色くなります。
枝や葉が密になっていませんので、蜂の巣が作られにくい植物といえますが、アシナガバチの巣が作られるおそれはありそうです。
花そのものにはミツバチを中心に、多くのが密を吸いにくる事がありますので注意が必要です。
 

スダチとカボスの違い
スダチ
生産地=9割が徳島県
大きさ=ゴルフボール
味=香酸柑橘で清々しい香り スッキリした味
カボス
生産地=9割が大分県
大きさ=テニスボール
味=香酸柑橘で上品な酸味と香り まろやかな甘みのある味

 

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない

 
 
 

お問い合わせフォームはこちら