メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

あなたのお庭は大丈夫?【タイサンボク】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
タイサンボク(泰山木、大山木)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:モクレン科

特徴:成木は樹高20mほどになり、ゆったりと枝を広げた姿は雄大な雰囲気をもち、日本では公園樹としてよく植栽される常緑高木です。
よく分枝して剪定にも耐え、樹高を2mほどに抑えても開花するため、庭木としても利用されます。
主な開花期は6月~7月で、直径20cmほどの大輪で純白の香りのよい花を咲かせます。
耐寒性・耐暑性ともに強く、初心者でも育てやすいので人気の花木です。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちがよく寄ってくることがあり、枝木にはアシナガバチスズメバチを作られることがあります。
 

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い

 

ハチが寄りにくいお庭造り【ツリガネニンジン】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ツリガネニンジン
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キキョウ科

特徴:
開花期は7月~11月で、淡紫色の下を向いた釣鐘形の花を咲かせ、根っこがチョウセンニンジン(朝鮮人参)のように太いことからこの名前がつきましたが、ニンジンの仲間ではありません。
日当たりの良い草原や、管理された河川堤防などに自生しているのをごく普通に見ることができます。
朝鮮人参の偽物に用いられたこともあるそうですが、朝鮮人参とは薬効が異なり、代用にはなりません。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちが寄ってくることがありますが、蜂の巣を作られることはほぼなさそうです。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 

安全なお庭造り【ディアスキア】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ディアスキア
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名: ゴマノハグサ科

特徴: ディアスキアは常緑で花付きが良く、開花期間が5月~11月と長いのが特徴です。
園芸品種も色々なものが普及しており、花の色もピンク、白、オレンジなど様々です。
-5℃程度までの低温に耐えるため、花の種類が少なくなる晩秋から冬にかけてもプランターや花壇、寄せ植えなど幅広く活躍してくれます。
やや暑さに弱いので、夏は西日が当たらない場所で育てるのがよさそうです。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちが寄ってくることがありますが、蜂の巣を作られることはほぼなさそうです。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

蜂の巣が作られやすい庭木!? 【チョウジガマズミ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
チョウジガマズミ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:スイカズラ(レンプクソウ)科
 
特徴:春の芽吹きとともに開花し、開花期は4月~5月で、さわやかな芳香があるのが特徴の樹高1m~2mの落葉性低木です。
花の色は白~淡いピンク色で、小さな花を一カ所にまとめて咲かせます。
花冠筒部が長いことから、「丁字」(ちょうじ)という言葉が名前に付きました。
寒さ、暑さに強く庭植えでも栽培できますが、さほど大きくならないため、最近ではベランダなどでも育てられるようになってきました。
花にはが寄ってくることがあるほか、枝木にはアシナガバチスズメバチを作られることがありますので、少し注意が必要な花木です。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 
 

蜂の巣駆除の依頼が少ない花木【ツキミソウ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ツキミソウ(月見草)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:アカバナ科

特徴:
メキシコ原産で、日本には江戸時代(黒船来航の頃)に鑑賞用として入ってきました。
花期は5月~ 9月ごろで、夕方に白い花を咲かせ、翌朝に薄いピンク色に変わってしぼみます。
名前の認知度は高いですが、現在はほとんど栽培されていません。
同属種であり、黄色い花を咲かせるマツヨイグサやオオマツヨイグサなども、ツキミソウと呼ぶことがあります。
夏に咲く花なので暑さには強いのですが、小型で成長が緩やかなため競争力に劣り、あまり野生化することはありません。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちが寄ってくることがありますが、蜂の巣を作られることはほぼなさそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 

ハチが集まる植物【デイゴ】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
デイゴ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:マメ科

特徴:ヨーロッパを除く世界の熱帯・亜熱帯におよそ100種が分布し、日本では沖縄県が北限とされています。
春から初夏にかけて咲く赤い花が有名で、沖縄県の県花でもあります。
デイコ、エリスリナともよばれています。
デイゴが見事に咲いた年は台風の当たり年となり、天災(干ばつ)に見舞われるという言い伝えがあるそうです。
木は太くなりますがあまり高くはならず、横に枝を張る傾向があります。
公園や街路樹としてはよく栽培されますが、根本や根からも芽が出るので、人家の庭に植えられることは少ない花木です。
デイゴの仲間であるアメリカデイコは耐寒性が強く、主に関東より西の地域で街路樹や公園樹として植栽されています。
主な開花期は夏から秋で、こちらも花色は鮮やかな赤です。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちがよく寄ってくることがあり、枝木にはアシナガバチスズメバチを作られることがあります。

蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 
 

安全なお庭造り【チオノドクサ】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
チオノドクサ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キジカクシ

特徴:雪解けとともに早春に咲くため、ユキゲユリ(雪解百合)とも呼ばれ観賞用に栽培され、いち早く春の訪れを告げるように花壇を明るく彩ります。
開花期は2月中旬~4月中旬で、草丈は10~15cmほどの草花です。
高山植物であるため、水はけのよさや日光、低温を好む半面、暑さに弱く平地や暖地では数年で絶えてしまうことが多いので、北海道や東北、または高地での栽培に向くとされています。
花にはミツバチが寄ってくることもありますが、蜂の巣が作られることはなさそうですので、ハチの心配がいらない植物だといえます。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 

蜂の巣駆除の依頼が少ない花木【コスモス】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
コスモス(秋桜)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キク科

特徴:6月~11月に花を咲かせ、秋を代表する草花として広く知られており、秋の季語としても用いられています。
花の色は、赤、白、ピンク、オレンジ、黄、複色などさまざま。
日当たりと水はけがよく、風通しがよい場所であれば、やせた土地でもよく生育します。
育てやすく開花期が長いことから、景観植物としての利用例が多く、コスモスの花畑が観光資源としても活用されています。
花によくは寄ってきますが、を作られることはほとんどなさそうです。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 

蜂の巣が作られにくい花木【ダリア】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ダリア
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キク科

特徴:日本には1842年(天保13年)にオランダから長崎に始めて持ち込まれたとされ、テンジクボタン(天竺牡丹)と呼ばれていました。
現在広く親しまれているのは、野生種を掛け合わせて作られた園芸品で、非常に多くの品種があります。
6月中旬~11月にかけて開花し、大きな花輪と色鮮やかで非常に豊富な花色が特徴です。
やや暑さに弱いので、初夏に一番花が咲いたあと、夏は開花や花色が鈍ることがありますが、秋になると再び冴えた色の花を咲かせてくれます
栽培も比較的容易で開花期も長いため、ガーデニングに採用されやすい花木です。
開花期にミツバチやチョウが花に寄ってきますが、を作られることはほとんどなさそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 

蜂の巣が作られやすい植物!? 【チグリジア】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
チグリジア
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:アヤメ科

特徴:名前の由来はラテン語のチグリス(トラ)で、花の中心に表れるトラ柄のような模様からきています。
和名でトラユリ(虎百合)やトラフユリ、英名ではタイガーフラワーの別名があります。
チグリジア属には20~30種あるといわれ、主に栽培されているのはパボニア種です。
園芸品種が多く、斑紋のない品種もあります。
開花期が6月~8月ですので、暑さに強いのですが、寒さには弱い植物です。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちが寄ってくることがありますが、蜂の巣を作られることはほぼなさそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない

 

 

お問い合わせフォームはこちら