メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

【ウメ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ウメ(梅)
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:バラ科

特徴:ウメは万葉集で100首を超える歌が詠まれるなど、古くから親しまれています。
観賞価値の高い花を咲かせる「花ウメ」と、薬や食品加工用に向く良質の実をつける「実ウメ」の大きく2グループに分けられます。
「花ウメ」は庭や公園に春を告げる木として好んで植えられるほか、花もの盆栽の代表格でもあり、滋賀県長浜市の「盆梅」が特に知られています。
「実ウメ」は実を梅干しに加工したり、梅酒にしたりするのに適した品種で、各地に産地があります。
2月から4月に、白色またはピンクから赤色の花を咲かせ、6月頃、梅雨の時期に実を付けます。
ウメケムシ、カイガラムシ、アブラムシなどの害虫が発生しますので、こまめに殺虫・殺菌剤予防散布するほうがよさそうです。
開花期に花にはミツバチがやってくるほか、収穫期には様々な生物に交じってスズメバチがやってくることがありますので注意が必要です。
また、まれにですがコガタスズメバチが枝にを作る事があるようです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 

【アーモンド】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アーモンド
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:バラ科

特徴:樹高は約5メートルになり、春には白色・桜色・桃色の花をサクラ同様一斉に咲かせます。
枝に沿うように花を付けるため、桜色・桃色の花の品種の場合は一見モモの花のように見えるのが特徴です。
アーモンドの実は日本の気候ではあまりたくさんは収穫できず、果実が熟す時期が梅雨から台風の時期に重なるため、果肉部分が割れたらすぐに収穫しないとカビの発生や腐敗のほか、虫に食われたりするので注意しましょう。
アーモンドの果肉は薄いため食用になりませんが、果肉と種子の殻を取り除いた仁と呼ばれる部分(生アーモンド)を炒ったり揚げたりして食用にします。
アブラムシが春から秋、特に3月から5月に多く発生しますので、薬剤散布防除するか見つけ次第、駆除しましょう。
開花期は3月から4月で、花にはミツバチがやってきます。
アシナガバチスズメバチが活動しはじめるころには、花は散っていますが、5月~8月に実をつけますので、この間は少し注意したほうがいいかもしれません。
また、木にも主にコガタスズメバチを作る事があります。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 

【モモ・ハナモモ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
モモ(桃)・ハナモモ
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:バラ科

特徴:中国原産の落葉樹で、日本には古い時代に渡来し、古くから親しまれています。
主に果実を食用とするための品種と、主に花を観賞するための品種があります。
開花期は3月~4月で、サクラの開花前に咲くことが多いようです。
花を観賞するために改良されたモモは特にハナモモと呼ばれ、花つきがよいため、庭木などによく利用され、桃の節句(雛祭り)に飾られる花としてよく知られています。
モモは1本だけでもよく結果し、わずか数年で成木になり、たくさん実をつけます。
しかし、病害虫が多く、薬剤散布や摘果、袋かけなどの手間や技術が必要で、ただ植えておくだけではよい実は収穫できません。
開花期に花にはミツバチがやってくるほか、収穫期となる6月~9月上旬には様々な生物に交じってスズメバチがやってくるので注意が必要です。
また、まれにですがコガタスズメバチが枝にを作る事があるようです。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

【ニンニクカズラ・ガーリックバイン】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ニンニクカズラ・ガーリックバイン
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ノウゼンカズラ科

特徴:熱帯アメリカ原産のつる性の花木で、日本では沖縄でたくさん植えられています。
葉や花をもむとニンニクのような臭いがするので、ニンニクカズラやガーリックバインと呼ばれています。
触れなければ臭いはせず、観賞するのに不快なわけではありません。
つるは枝分かれしながら4~5mの長さに達するので、フェンスや家屋の壁面などの側に植えると見事に覆ってくれます。
8月~10月頃に次々と花を咲かせ、温室では、季節に関係なく開花します。
病気や害虫の被害に強くて育てやすいのですが、つるが密集してくるとアシナガバチスズメバチを作ってしまうおそれがありますので、よく注意して剪定するようにしてください。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:多い
 

【ニコチアナ・ハナタバコ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ニコチアナ・ハナタバコ
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ナス科

特徴:ニコチアナの仲間は熱帯・亜熱帯に約70種が分布する草花です。
別名をハナタバコといい、たばこの葉もこの仲間ですが、花を楽しむ品種がニコチアナと呼ばれています。
日本では1985年に専売法が改正されるまで、ニコチアナの仲間はすべて栽培できませんでした。
開花期が5月~11月と長く、初心者でも育てやすいのが特長です。
草丈は低い種で20cm、大きいものでは1mに達します。
ハチがやってくることがありますが、を作られることはなさそうです。
ハチの心配はほとんどありませんが、アブラムシの発生には注意が必要です。
アブラムシ自体も植物に害を与えますが、ウイルス性の病気を媒介することで葉が黄色くなり、縮こまって生育が衰えてしまいます。
見つけたら駆除するようにしましょう。
 
蜂遭遇率:やや低い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

【ナツツバキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ナツツバキ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ツバキ科

特徴:落葉性の高木で大きくなると樹高は20mになります。
6月~7月ごろ、ツバキに似た白い花を咲かせるのでこの名前があります。
ただし、花は一日花で、開花後1日で落ちます。
古くから寺院などの庭に「シャラノキ」と称して植えられてきました。
シャラノキ(沙羅木)は仏教においての聖樹であるサラソウジュ(沙羅双樹)のことですが、本来のサラソウジュはフタバガキ科の全く違う樹木です。
サラソウジュの代用として植えられたことが誤認の原因とされています。
剪定によって樹高も抑えられるところから、庭木やシンボルツリーとして人気があります。
開花期の花にはミツバチが蜜や花粉をもとめてやってき、生い茂った枝木にはアシナガバチスズメバチを作ることがあります。
剪定の際には、茂みの中に蜂の巣が作られていないかをまず確認するようにしてください。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 
 
 

【ナデシコ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ナデシコ(ダイアンサス)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ナデシコ科

特徴:ナデシコの仲間は世界の広い範囲におよそ300種が分布し、色々な種同士を掛け合わせて作られた園芸品種がたくさんあります。
カーネーションもナデシコの仲間なのですが、園芸では一分野として確立されており、別物として考えるのが一般的で、カーネーションを除いたものを総称して「ダイアンサス」と呼んでいます。
開花時期は種によって違いがありますが、多くが春~秋の間に咲き、色はピンク、白、緋色などがあります。
花壇やコンテナ、鉢植えだけでなく、高性種は切り花に利用され、幅広い用途があります。
花にはが寄ってくることがありますが、を作られる心配はなさそうです。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 

【カーネーション】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
カーネーション
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ナデシコ科

特徴:母の日に贈る花として親しまれ、年間を通してフラワーアレンジやブーケなどに利用の多い花です。
開花期は4月~7月、または9月~10月で、フリルのように波打つ花びらが重なり合い、端正な姿と独特の香りが魅力です。
切り花のイメージが強いが最近では鉢植えの品種も普及している。
同じナデシコ科のナデシコ(ダイアンサス)は栽培が容易であるが、カーネーションは栽培が比較的むずかしいとされています。
花にはが寄ってくることがありますが、を作られる心配はなさそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 

【タイサンボク】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
タイサンボク(泰山木、大山木)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:モクレン科

特徴:成木は樹高20mほどになり、ゆったりと枝を広げた姿は雄大な雰囲気をもち、日本では公園樹としてよく植栽される常緑高木です。
よく分枝して剪定にも耐え、樹高を2mほどに抑えても開花するため、庭木としても利用されます。
主な開花期は6月~7月で、直径20cmほどの大輪で純白の香りのよい花を咲かせます。
耐寒性・耐暑性ともに強く、初心者でも育てやすいので人気の花木です。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちがよく寄ってくることがあり、枝木にはアシナガバチスズメバチを作られることがあります。
 

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い

 

【ツリガネニンジン】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ツリガネニンジン
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キキョウ科

特徴:
開花期は7月~11月で、淡紫色の下を向いた釣鐘形の花を咲かせ、根っこがチョウセンニンジン(朝鮮人参)のように太いことからこの名前がつきましたが、ニンジンの仲間ではありません。
日当たりの良い草原や、管理された河川堤防などに自生しているのをごく普通に見ることができます。
朝鮮人参の偽物に用いられたこともあるそうですが、朝鮮人参とは薬効が異なり、代用にはなりません。
たちの活動期と開花期が重なるため、花にはミツバチたちが寄ってくることがありますが、蜂の巣を作られることはほぼなさそうです。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 

お問い合わせフォームはこちら