メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

≪蜂が好む植物集≫ ハチ駆除ドットコム調べ

自慢のお庭もが飛び回っていれば、くつろぐことも子供や愛犬が遊ぶこともできなくなってしまいます。
を呼び寄せてしまうことで、ご近所トラブルに発展してしまうことも考えられます。
そんな不安を解消できるよう、さまざまな植物ととの関係を調査してみました。
随時更新していきますので、お庭造りの参考にご利用ください。
 
滋賀・京都・大阪などで蜂の巣駆除のご依頼を頂いており、その経験等に基づく独自の評価になります。
滋賀県 京都府 大阪府 三重県対応の蜂の巣駆除業者 滋賀県 京都府 大阪府 三重県対応の蜂の巣駆除業者 滋賀県 京都府 大阪府 三重県対応の蜂の巣駆除業者
 

ワ行

 
 
参考文献
・平井 孝幸(2012)『図解 自然な姿を楽しむ「庭木」の剪定』講談社.
・船越 亮二(1993)『失敗しない花木・庭木入門』角川.
・村越 匡芳(2006)『庭に植えたい樹木図鑑』池田書店.
・藤山 宏 (2010)『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社.
・草間 祐輔(2010)『植物の病気と害虫 防ぎ方・なおし方』主婦の友社.
 
植物の主な撮影場所
・滋賀県 守山市 「びわこ地球市民の森」
・滋賀県 守山市 「鳩の森公園」
・滋賀県 野洲市 「近江富士花緑公園」
・滋賀県 草津市 「水生植物公園みずの森」
・滋賀県 栗東市 「栗東自然観察の森」
・滋賀県 大津市 「びわこ文化公園」
・滋賀県 大津市 「朽木・葛川県立自然公園」
・京都府 宇治市 「宇治市植物公園」
 
Special Thanks
・滋賀県 守山市 「三品園芸」様
・滋賀県 大津市 「㈱吉田造園」様
・京都府 宇治市  写真家「ともやん」様
・三重県 松阪市  植物博士「健太郎」様
 

【マサキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
マサキ(柾、正木)
H⑨masaki1 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム H⑨masaki2 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ニシキギ科

特徴:日本、中国を原産とする常緑の広葉樹で、厚みのあるつややかな葉が1年を通して美しい常緑樹です。
芽吹きがよく、刈り込みによる樹形維持が容易であるため、生け垣によく使われます。
また、潮風や大気汚染にも強いため、海岸付近や自動車の交通量の多い都市部での植栽にも適しています。
同属のニシキギマユミと同様に蒴果(さくか)が10月から11月に赤く色づき、裂開して橙赤色の仮種皮に包まれたタネが現れます。
マサキの葉を餌とする昆虫としては、ハチによく似たガの一種であるミノウスバが集団で蚕食するので、部分的に葉が食い尽くされて食害箇所が目立つようになることがあります。
他にも多くの害虫が発生しますので、薬剤をまいて予防する必要があるかもしれません。
枝葉が密に茂り、アシナガバチスズメバチを作りやすい傾向にありますので、剪定の際は蜂の巣の有無を充分確認して行って下さい。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 

【マユミ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
マユミ(真弓)
H⑩mayumi1 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム H⑩mayumi2 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ニシキギ科

特徴:同属のニシキギマサキと同じく、マユミもかわいらしい実と美しい紅葉が特長で、庭木や鉢植えのほか盆栽にも仕立てられる落葉低木です。
木の質は緻密で、粘りがあり、古くはマユミの木で弓をつくったことから「真弓」と呼ばれるようになったといわれます。
現在でも将棋の駒などの材料として利用されます。
マユミは日本に自生する植物なので、栽培は容易で病害虫もほとんどなく、日なたに植えれば、毎年美しい紅葉と果実を楽しむことができます。
実がかなり遅くまで残るので、秋と冬にはヒヨドリやメジロが食べに来ることがあります。
放任していてもあまり樹形は乱れないので、十分なスペースがあって特に樹形を整える必要性がなければ、特に剪定は要りません。
枝葉が密に茂り、アシナガバチスズメバチを作りやすい傾向にありますので、剪定の際は蜂の巣の有無を充分確認して行って下さい。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 

【マツ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
マツ(松)
H⑬matu1 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム H⑬matu2 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:マツ科

特徴:マツ科マツ属の常緑高木〜低木の総称で北半球に約100種があります。
日本にはアカマツ、リュウキュウマツ、ゴヨウマツ、ハイマツ、クロマツ、チョウセンゴヨウなどの自生が見られます。
アカマツとクロマツの材は建材、器具、薪炭、パルプなど種々の用途があり、幹からは松脂(まつやに)がとれます。
クロマツ、ゴヨウマツは観賞用、特に盆栽に利用されるほか、庭木、街路樹などとして植栽されることもあります。
なかでも、クロマツは樹高が30mにもなり寿命も長いため、長い年月をかけて枝づくりと樹形を維持していくと、風格がある庭の主木となる代表的な樹種です。
害虫に対して強く、育てやすい種ではありますが、庭木としての樹形を美しく維持するためには、技術と知識を要する手入れが必要です。
このほか、海外に分布するマツの仲間もコニファー(針葉樹の総称)の人気とともに、近年は多くの品種が導入されています。
まれに根元の土中にオオスズメバチ営巣してしまうことがあります。

蜂遭遇率:低い
蜂の種類:オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 

【ネリネ・ダイヤモンドリリー】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ネリネ・ダイヤモンドリリー
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ヒガンバナ科

特徴:ネリネは、姿形がヒガンバナに似ていることもあり、日本ではあまり人気がありませんでしたが、欧米では育種が盛んに行われダイヤモンドリリーの名前で親しまれています。
ネリネはヒガンバナ科なので有毒植物です。
似たような特徴を持つ植物としてアマリリスリコリスが挙げられます。
開花期が10月中旬~12月中旬ですので、たまに花にハチがやってくることはありますが、を作られる心配はなさそうです。

蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 

【アマリリス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アマリリス
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ヒガンバナ科

特徴:
アマリリスは数百種類の園芸品種が作り出され、現在もその数は増え続けています。
初夏にユリに似た花を咲かすが、初夏咲き以外にも、春咲き、真夏咲き、秋咲きの品種もあります。
アマリリスはヒガンバナ科なので有毒植物です。
お庭に植えたアマリリスの球根を犬が掘り起こしてかじり、中毒症状になってしまう事例もあるようなので注意が必要です。
開花期がハチの活動期と重なるため、花にハチがやってくることはありますが、を作られる心配はなさそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 

【ニーレンベルギア・ギンパイソウ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ニーレンベルギア・ギンパイソウ(銀盃草)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ナス科

特徴:ニーレンベルギア属の植物は、メキシコからチリ、アルゼンチンなどの南アメリカ大陸に約30種が分布し、毎年花を咲かせる多年草です。
盃状の花を咲かせるのが特徴で、その花姿からギンパイソウ(銀盃草)とも呼ばれ、カップ・フラワーの別名もあります。
開花期は初夏~秋の5月~10月と長く、草丈は5~80cm程度になります。
1年を通して日当たりの良い場所で管理し、耐暑性・耐寒性があるので比較的育てやすい植物です。
大きく育つと、枝葉のかげにアシナガバチを作ってしまうことがあるほか、ミツバチも花の蜜を求めてやってきます。
また、春先からはアブラムシが発生しやすくなり、それに近付く昆虫などを狙ってスズメバチもやってくることがあります。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 

【イチジク】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
イチジク(無花果)
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:クワ科
 
特徴:いちじくは樹高2~5mになるクワ科の落葉樹で、果樹として広く栽培されています。
観葉植物のベンジャミンやゴムノキ、ガジュマルなどもイチジクの仲間です。
漢字では「無花果」、花がない果実と書きますが、見えないだけで無数の花が果実(花のう)の内部にびっしり咲きます。
1本でも結実し、日当たりさえ良ければ摘花や人工授粉なども不要で手間があまりかからないため果樹の中でも栽培が容易といえます。
ただ、カミキリムシの被害が多く、植えておくだけでは枯れることが多いので、防除が必要です。
収穫期は品種により異なりますが、概ね6月~11月で、収穫が始まると、毎日少しずつ長期間収穫できます。
熟果は鳥害を受けやすく、また鳥のほかにも、多くのハチたち、特にスズメバチオオスズメバチが集まってきますので注意が必要です。
を作られることは稀です。

蜂遭遇率:非常に高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 

【ヒガンバナ・マンジュシャゲ・リコリス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヒガンバナ(彼岸花)・マンジュシャゲ(曼珠沙華)・リコリス
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ヒガンバナ科

特徴:全草有毒な多年生の球根性植物で、秋の彼岸のころになると水田の畦や墓地などに群生して主に赤い花を咲かせますが、そのほとんどが人為的に植えられたものと考えられています。
その目的は、畦の場合は田を荒らす動物がその毒を嫌って避けるように、また墓地の場合は、虫除け及び土葬後に死体が動物によって掘り荒らされるのを防ぐためだったとされています。
ヒガンバナは日本では彼岸の時期に咲くこと、猛毒性、墓地に植えられていたことから死を連想させ、さらに花の形が燃え盛る炎のように見えることから、家に持って帰ると火事になるという迷信もあり、あまりよいイメージがないため生産は多くありませんでした。
園芸上では「リコリス」と呼ばれ、欧米では園芸品種が多く開発されており、園芸品種には、赤のほか白、黄、オレンジ、ピンク、紫の花弁をもつものがあります。
開花期が7月中旬~10月中旬とハチの活動期と重なるため、花にハチがやってくることはありますが、を作られる心配はなさそうです。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 

【デージー・ヒナギク】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
デージー・ヒナギク(雛菊)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キク科

特徴:日本ではヒナギク(雛菊)の呼び名でも知られる草花です。
本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、日本では夏が暑いため花後に枯れ、越夏できないことが多いので、秋蒔きの一年草として扱われています。
開花期は春で、主に栽培されているのは八重咲きの園芸品種で、花色は白以外にピンクや赤があります。
草丈は20cm前後と低いので、よく花壇の縁取りに列植されることがあります。
名前にデージーの付く植物が多くありますが、それはすべて別科、別属の植物です。
花にはが寄ってくることがありますが、を作られることはあまりないようです。
 

蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない

 

お問い合わせフォームはこちら