メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

【サツキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
サツキ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ツツジ科

特徴:常緑の低木で、北海道と東北地方を除く日本各地で自生しています
ツツジ科の植物は古くから人気があり、数多くの園芸品種が生みだされました。
その中でサツキは、他のツツジ科の植物に比べ1ヶ月程度遅い5月~6月頃、つまり旧暦の5月 (皐月) の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われています。
水際に自生するために根が水に強く、加湿を嫌うツツジとは対照的です。
自生するサツキは、河川の護岸工事やダムの建設によって生育地が少なくなり、絶滅が心配されています。
日本原産の植物なので栽培が容易で、生け垣や道路の植え込みとして使われるほか、盆栽としても好まれる植物です。
花にはたちを含む多くの生き物が集まりますし、枝葉が密になりやすいのでを作られるおそれもあります。
茂みの中に、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。

蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:多い
 
 
 

【ナンテン】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ナンテン(南天)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:メギ科

特徴:高さは2mくらいで、高いものになると4~5mほどに生長する低木で、幹の先端にだけ葉が集まって付く独特の姿をしているのが特徴です。
6月~7月に白い花が咲き、11月~2月にかけておもに赤色の小さい球状の果実をつけます。
葉や実には殺菌効果があり、咳止めや食品の防腐に利用されていますが、同時に毒素も含んでいるため、素人が安易に試すのは危険です。
多量に摂取すると痙攣、神経麻痺、呼吸麻痺を引き起こすといわれていますので充分に注意してください。
ナンテンは難を転ずることにも通じるため、縁起木、厄よけ、魔よけとして古くから庭に植えられてきました。
初心者でも育てやすく、生け垣にも向いている植物ではありますが、花や実はを呼び寄せ、蜂の巣も作られやすいので、注意が必要です。
剪定の際には、茂みの中に蜂の巣が作られていないかをまず確認するようにしてください。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 
 
 

【アジサイ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アジサイ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名: アジサイ科

特徴:世界中で親しまれている日本産の落葉低木で、5月から7月頃に青や紫などの色をした花(装飾花)を密につけます。
日本では梅雨時期の風物詩として古くから親しまれ、鑑賞用に庭園や公園に植栽されており、全国各地に境内に多くのアジサイが植えられたアジサイ寺と呼ばれる名所があります。
丈夫で育てやすく、乾燥にさえ気をつければ容易に栽培することができる植物です。
花の色は土壌の酸性度に影響され、酸性土壌で青色、中性から弱アルカリ性の土壌で赤色に発色します。
扱いやすく花の色の操作が可能なことから、お庭の花木として好まれますが、アジサイの一部の種では摂食による中毒事例が報告されており、過呼吸、興奮、ふらつき、痙攣、麻痺などを経て死亡する場合もあるとのことですので注意が必要です。
その毒素の影響があるのか、花にはが寄ってくることがありますが、を作られることはあまりないようです。

蜂遭遇率:やや低い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 
 

【カキツバタ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
カキツバタ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名: アヤメ

特徴:湿地に群生し、5月から6月にかけて紫色の花を付けます。
衣服を染めるのに利用されたことにより、「書き付け花」と呼ばれていたのが名前の由来です。
池や沼地など、常に水のあるところであれば栽培が容易にできるため、江戸時代から盛んに品種改良がおこなわれ、現代では50ほどの園芸品種があります。
アヤメ同様、花にはが寄ってくることがありますが、を作られることはほぼなさそうです。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

【ヤダケ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヤダケ(矢竹)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:イネ科

特徴:竹の1つで、 矢を作るのに適していることから、この名前がつきました。
矢以外にも、釣り竿や筆の軸に利用されるなど、昔から生活に役立つ植物とされてきました。
初夏に伸びてくるタケノコは、適度な高さになったところで皮をむくと、それ以上伸びなくなるため、一定の高さにそろえることが容易にできるので、お庭に和を演出する植物として好まれます。
とても丈夫なのですが、風通しが悪いと害虫が発生するほか、病気にかかることもあるので注意が必要です。
このことに気を付けて育てていれば、密集することを避けられるため、蜂の巣はあまり作られません。
ただ、竹林等で5メートル以上の高さに育っている場合は、上部にスズメバチを作ってしまうことがあります。

蜂遭遇率:低い
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 
 
 

【ヤマブキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヤマブキ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名: バラ科

特徴:
北海道から九州の低山や丘陵地の明るい林の木陰などに群生します。
樹木ではありますが、背丈は1mから高くても2mの低木です。
春から初夏にかけて、明るい黄色の花を多数つけます。
オレンジ色と黄色の中間色のことを山吹色といいますが、この花の色からそうよばれるようになりました。
日本原産種なので、極端に乾燥しない日なたから半日陰であれば、容易に栽培することができるため古くから親しまれ、毎年美しい花を楽しむことができます。
花にはが寄ってくることがありますが、を作られることはあまりないようです。

蜂遭遇率:
やや高い
蜂の種類:
ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:
やや少ない
 
 
 

【アヤメ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アヤメ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名: アヤメ科

特徴:
多くが低山から高原の草地に自生する多年草の植物です。
葉は直立し高さ40~60cm程度で、5月ごろに茎の先端に紺色の花を1-3個付けます。
丈夫なため栽培が容易で、古くから栽培されている種類です。
「菖蒲」と書いてアヤメともショウブとも読みますが、両者は別種になります。
これにハナショウブとカキツバタを合わせた4種は、区別が難しいことでも知られていますが、アヤメはハナショウブやカキツバタのように湿地に生えることはほとんどありません。
花には蜜と花粉を求めてが寄ってくることがありますが、を作られることはほとんどありません。

蜂遭遇率:
普通
蜂の種類:
ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:
非常に少ない
 
 
 

【イワガラミ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
イワガラミ(岩絡)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名: ユキノシタ科

特徴:
日本各地に自生し、その名前の通り、周囲の木々や岩場に絡みつきながら生長し、10~15メートルほど伸びます。
花は5月から7月にかけて、ツルアジサイ(ゴトウヅル)のような白い装飾花を咲かせます。
場所や土質を選ばず丈夫な植物ですが、お庭に植える場合は、フェンスなどのような絡みつけるためのものが必要になります。
花が咲く時期にはミツバチを中心としたハチたちが集まり、フェンスなどに密集して絡みついている状態であれば、アシナガバチスズメバチの巣が作られることがあります。

蜂遭遇率:
普通
蜂の種類:
ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:
やや少ない
 
 
 

【クマザサ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
クマザサ(隈笹)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名: イネ科

特徴: 成長が早く、和風のお庭に好んで植えられる種類です。
若葉は全体が緑色をしていますが、越冬するときに葉の縁が枯れ、白い隈どりができます。
この隈どりが名前の由来といわれています。
とても丈夫な植物なのですが、初夏には蛾の幼虫に葉が食われ、枯らされてしまうことがあります。
風通しが悪いと病気になることや、お庭の景観の観点から、まばらに生えさせるのが通例です。
そのため、枝や葉が密集することがあまりありませんので、ハチを作られることはほとんどありません。
また竹と違い、高く育たないこともを作られにくい要因となっていると考えられます。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 
 

【サンキスト】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
サンキスト
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:ヒノキ科

特徴:広円錐形で高さは3~5メートルになります。
ヨーロッパゴールドにも似ていますが、サンキストの方が樹高が低く、幅も広く、ずんぐりとした形です。
春から秋は黄金色で冬は褐色を帯びたような黄色になり、またニオイヒバの仲間になりますので、葉から良い香りがします。
葉や枝が大変密になっていますので、アシナガバチコガタスズメバチの巣が出来やすい環境になります。
茂みの中に、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:多い
 

お問い合わせフォームはこちら