メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

【アヤメ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アヤメ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名: アヤメ科

特徴:
多くが低山から高原の草地に自生する多年草の植物です。
葉は直立し高さ40~60cm程度で、5月ごろに茎の先端に紺色の花を1-3個付けます。
丈夫なため栽培が容易で、古くから栽培されている種類です。
「菖蒲」と書いてアヤメともショウブとも読みますが、両者は別種になります。
これにハナショウブとカキツバタを合わせた4種は、区別が難しいことでも知られていますが、アヤメはハナショウブやカキツバタのように湿地に生えることはほとんどありません。
花には蜜と花粉を求めてが寄ってくることがありますが、を作られることはほとんどありません。

蜂遭遇率:
普通
蜂の種類:
ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:
非常に少ない
 
 
 

【イワガラミ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
イワガラミ(岩絡)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名: ユキノシタ科

特徴:
日本各地に自生し、その名前の通り、周囲の木々や岩場に絡みつきながら生長し、10~15メートルほど伸びます。
花は5月から7月にかけて、ツルアジサイ(ゴトウヅル)のような白い装飾花を咲かせます。
場所や土質を選ばず丈夫な植物ですが、お庭に植える場合は、フェンスなどのような絡みつけるためのものが必要になります。
花が咲く時期にはミツバチを中心としたハチたちが集まり、フェンスなどに密集して絡みついている状態であれば、アシナガバチスズメバチの巣が作られることがあります。

蜂遭遇率:
普通
蜂の種類:
ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:
やや少ない
 
 
 

【クマザサ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
クマザサ(隈笹)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名: イネ科

特徴: 成長が早く、和風のお庭に好んで植えられる種類です。
若葉は全体が緑色をしていますが、越冬するときに葉の縁が枯れ、白い隈どりができます。
この隈どりが名前の由来といわれています。
とても丈夫な植物なのですが、初夏には蛾の幼虫に葉が食われ、枯らされてしまうことがあります。
風通しが悪いと病気になることや、お庭の景観の観点から、まばらに生えさせるのが通例です。
そのため、枝や葉が密集することがあまりありませんので、ハチを作られることはほとんどありません。
また竹と違い、高く育たないこともを作られにくい要因となっていると考えられます。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 
 

【サンキスト】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
サンキスト
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:ヒノキ科

特徴:広円錐形で高さは3~5メートルになります。
ヨーロッパゴールドにも似ていますが、サンキストの方が樹高が低く、幅も広く、ずんぐりとした形です。
春から秋は黄金色で冬は褐色を帯びたような黄色になり、またニオイヒバの仲間になりますので、葉から良い香りがします。
葉や枝が大変密になっていますので、アシナガバチコガタスズメバチの巣が出来やすい環境になります。
茂みの中に、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:多い
 

【シラカシ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
シラカシ(白樫)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:ブナ科

特徴:常緑中木~高木で高さは20メートル程度まで成長します。
開花時期は4~5月になり、黄色の花を咲かせ、またその年の秋に果実(ドングリ)が実ります。春の新芽がとても美しく、この木の最大の魅力とも言われています。葉は楕円形に近く光沢があって硬いです。
防水や防風のための高垣として植えられ、神社などでもよく植えられています。
また放置して育てると20メートルほどに成長しますが、主幹の先を庭木に合った高さで切ると、そこで上への成長が止まりますので、ご家庭の目隠しとして植えられている場合もあります。
こちらもクヌギ同様、幹から樹液がしみ出ている事があるので、オオスズメバチが近づいて来やすい木といえます。
また、垣根として植えられている場合は、枝や葉が大変密になりますので、アシナガバチスズメバチの巣が出来やすい環境となり、蜂の巣駆除依頼も多い木となります。
いずれにしても、剪定される際は、茂みの中に蜂の巣が作られていないかをまず確認するようにしてください。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 
 
 

【グリーンコーン】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
グリーンコーン
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:ヒノキ科

特徴:常緑高木で高さ3~5メートルになります。
ニオイヒバの中の品種になり、葉の先を折ると弱い良い香りがします。
剪定をしなくても自然樹形で綺麗にまとまる為、人気のコニファーの一種です。
シンボルツリーとして植えられる方が多いですが、大きいものですと葉や枝が大変密になっていますので,アシナガバチコガタスズメバチの巣が出来やすい環境になります。
茂みの中に、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:多い
 
 
 

【ジューンベリー】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ジューンベリー
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:バラ科

特徴:落葉低高木で高さは約3~5メートルになります。
開花期は4~5月になり、白い花が枝一面に咲きます。
また花以外にも初夏には赤くて甘酸っぱい果実が熟し、果実酒やジャムに出来ます。
シンボルツリーとして人気の植物で、大きく育った場合でも枝や葉が密になりませんので、蜂の巣が作られる心配のない木です。
但し、花の密や果実を求めて様々ながよってくる可能性はあります。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 
 

【ニオイヒバ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ニオイヒバ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:ヒノキ科

特徴:常緑高木で高さは約15メートルになります。
品種によって香りの強さは違いますが、葉を揉むと、ほのかな甘さのある香り(パイナップル臭)がします。
また、樹高が0.5メートルほどの大きさのものも販売されており、円錐型、卵型など様々な形を楽しめ人気のある植物です。
シンボルツリーや生け垣として植えられますが、大きい場合は枝葉が密になっていますので、蜂の巣駆除依頼の多い植物で、アシナガバチスズメバチの巣が出来やすい環境になります。
茂みの中に、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。
 
蜂遭遇率:やや多い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 

【スダチ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
スダチ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都  
科名:ミカン科

特徴:
常緑中高木で高さは約1.5メートル以上になります。
カボス同様、開花時期は5~6月になり、純白の綺麗な花を咲かせます。
9~10月の秋頃には果実が実り、皮が青い未熟果の時に収穫するのが一般的で熟すとミカンのように黄色くなります。
食酢として使っていた事から、昔は“酢の橘”から“すたちばな”と名付け呼ばれていました。
枝や葉が密になっていませんので、蜂の巣が作られにくい植物といえますが、アシナガバチの巣が作られるおそれはありそうです。
花そのものにはミツバチを中心に、多くのが密を吸いにくる事がありますので注意が必要です。
 

スダチとカボスの違い
スダチ
生産地=9割が徳島県
大きさ=ゴルフボール
味=香酸柑橘で清々しい香り スッキリした味
カボス
生産地=9割が大分県
大きさ=テニスボール
味=香酸柑橘で上品な酸味と香り まろやかな甘みのある味

 

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない

 
 
 

【カボス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
カボス
カボス  
科名:ミカン科

特徴:
常緑広葉樹で高さは約2~2.5メートル以上になります。
幹や枝に鋭いトゲがあるのが特徴で、スダチ同様、開花時期は5~6月になり、収穫時期は9~10月になります。
皮が緑色の未熟果の時に収穫するのが一般的で熟すとミカンのように黄色くなります。
枝や葉が密になっていませんので、蜂の巣が作られにくい植物といえますが、アシナガバチの巣が作られるおそれはありそうです。
花そのものにはミツバチを中心に、多くのが密を吸いにくる事がありますので注意が必要です。
 

スダチとカボスの違い
スダチ
生産地=9割が徳島県
大きさ=ゴルフボール
味=香酸柑橘で清々しい香り スッキリした味
カボス
生産地=9割が大分県
大きさ=テニスボール
味=香酸柑橘で上品な酸味と香り まろやかな甘みのある味

 

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない

 
 
 

お問い合わせフォームはこちら