メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

ハチが集まる花木【ハス】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ハス(蓮)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井   
科名:ハス科

特徴:水底の土中に地下茎を伸ばし、そこから葉と花茎を水面に伸ばす水生植物で多年草です。
食用、薬用、観賞用として栽培され、地下茎はレンコン(蓮根)として食用になることで知られています。
暑さに強く、日当たりがよい場所を好むので、朝から夕方までずっと直射日光が当たる場所に植えられます。
池で咲くイメージが強いですが、大きなかめや樽でも栽培することができます。
ハス(蓮)の花とスイレン(睡蓮)を指して「蓮華」(れんげ)といい、清らかさや聖性の象徴として称えられ、仏教や密教、ヒンドゥー教などの宗教において特別な意味を持ちます。
ハスとスイレンはとても似た植物ですが、ハスの葉は水面よりも高く出るのに対し、スイレンの葉は、熱帯睡蓮を除き、水面までしか出てこないのが見分けるポイントです。
開花期は7月~9月で、白またはピンク色の花を咲かせ、 早朝に咲き昼には閉じてしまいます。
開花期と、多くのの活動期が重なりますので、花にはミツバチを中心としたがよく寄ってきますが、を作られることはあまりないようです。
 
蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

安全なお庭造り【スイセン】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
スイセン(水仙)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ヒガンバナ科

特徴:チューリップヒヤシンスなどと同様に、春の花を代表する典型的な球根植物です。
原種は30種類ほど知られており、園芸用に品種改良されたものが広く栽培されています。
日本の気候と相性が良いので、初心者でも育てやすく植え放しでも勝手に増えていきます。
多年草で、系統によって開花時期が異なり、11月中旬~4月にかけて白や黄の花を咲かせ、夏には枯れて休眠します。
花が咲いているころはミツバチやチョウなどが来ますが、スズメバチたちが活動を始めるまでには咲き終わるので、危険度は低いと考えられます。
しかし、スイセンの場合はハチよりもこの植物自体に注意をしなければなりません。
スイセンは有毒植物で、食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こします。
中毒は初期に強い嘔吐があり、摂取物の大半が吐き出されるため、症状が重篤に到ることはあまりありませんが、死亡した例もあるようです。
スイセンの葉がニラにとてもよく似ていることから、間違えて食べ、中毒症状を起こす事例が珍しくないそうです。
自生しているものを見つけ、ニラだと思っても、葉からのニラ特有の臭いがなければ食さないように気を付けましょう。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

蜂の巣駆除の依頼が少ない花木【チューリップ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
チューリップ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ユリ科

特徴:春を代表する草花で、世界中で人気のある多年草の球根植物です。
花も葉もシンプルで美しく、初心者でも育てやすいので、ガーデニングに好まれます。
チューリップの花の香りは、残念ながらあまり良いものではありませんでしたが、最近は香りの良い品種も増えています。
色も単色や複数の色のものなど、数百品種のチューリップが生み出されています。
3月~5月上旬に花を咲かせ、開花期間は1~2週間ほどですが、チューリップにかぎり、開花前に裁縫に用いる針等を用いて、花の根元部分を貫通させ傷つけると、エチレンが発生し開花期間を長引かせることができる裏技が存在するそうです。
国内のホームセンターや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入ものになっています。
花が咲いているころはミツバチやチョウなどが来ますが、スズメバチたちが活動を始めるまでには咲き終わるので、危険度は低いと考えられます。
また、を作られることもあまりなさそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

蜂の巣が作られにくい花木【ヒヤシンス】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヒヤシンス
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:キジカクシ科

特徴:
ヒアシンスとも表記し、鉢植えや水栽培などで観賞される球根性多年草です。
春先に香りのよい花を咲かせ、チューリップスイセンなどと並んで、春の花を代表する草花です。
原種本来の花色は青紫色のみですが、園芸品種には暖色から寒色までさまざまな色彩が濃淡豊かに揃っています。
開花期が3月~4月ですので、花が咲いているころはミツバチやチョウなどが来ますが、スズメバチたちが活動を始めるまでには咲き終わるので、危険度は低いと考えられます。
草丈が約20cmと低いため、を作られることもあまりなさそうです。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

蜂の巣が作られやすい植物!? 【フジ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
フジ(藤)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:マメ科

特徴:つる性の花木で直射日光の差す場所を好み、支えとなる樹木などに巻きついて登ります。
4月下旬から5月上旬に、長い穂のような、うすい紫色をした花序を垂れ下げて咲きます。
藤色という色名は、この藤の花色に由来します。
日本では藤棚が有名で、天蓋に藤のつるを這わせ、開花時には隙間から花が垂れ下がるように咲きます。
藤棚は、特に公園や学校などで、日光を遮るもののない場所に木陰を作る目的で設置されており、お庭に作られることもあります。
藤棚のフレーム自体の重量が小さい場合など、土壌にそのまま柱を建て込むことがありますが、藤の生長にともなって全体の重量が増加してゆき、柱が不均等に土中にめり込んで傾くことがありますので、コンクリートなどで基礎を設けることをおすすめします。
開花期には、ミツバチを中心としたハナバチのなかまがよく集まります。
藤棚として栽培する場合は、屋根の部分にアシナガバチスズメバチを作ることがあります。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い 
 
 
 

ガーデニングと蜂【アベリア】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
アベリア
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:スイカズラ科

特徴:ハナツクバネウツギまたはハナゾノツクバネウツギとも呼ばれる低木で、開花期が5月中旬~10月と、かなり長期に渡って花を咲かせるのが特徴です。
開花期には香りの非常に強い、鐘形の小さい花を多数咲かせます。
公園や道路沿いなどの生け垣によく使われるのですが、とても香りが強いことから庭木としての利用はやや少ないようです。
しかしながら、丈夫で初心者でも育てやすく、好みの大きさに剪定することができて花も美しいため、庭木としての利用も増えつつあるようです。
真夏の酷暑の時期に花をつける植物が少ないため、開花時期には花に多様なハチやチョウなどが吸蜜に集まります。
生け垣の場合には、茂みの中にアシナガバチスズメバチの巣が作られるおそれがありますので、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。

蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 
 
 

安全なお庭造り【サクラ】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
サクラ(桜)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:バラ科

特徴:サクラという名称は、野生種と園芸品種を含めると600種以上の品種が存在するとされるサクラ属の総称です。
春の花木の代表で、古くから日本人にとって特別な存在であるサクラですが、その中でも最も多く植えられているのがソメイヨシノで、江戸末期に出現し明治以降に全国各地に広まりました。
品種によって樹高が3m程度のものから20mになるものまで幅広くあり、初心者でも育てやすいものがあるので、公園、街路をはじめ個人の庭園でも植えられています。
木を傷つけるとそこから腐りやすい性質を持ち、サクラの木を折ると弱ってしまうことがあるので、適切な剪定が必要です。
多くの品種の開花期は3月~4月で、花にはミツバチがやってきます。
アシナガバチスズメバチが活動しはじめるころには、花は散っていますが、5月~7月に実(サクランボ)をつけますので、この間は少し注意したほうがいいかもしれません。
また、サクラの木にも主にコガタスズメバチを作る事があります。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 
 
 

ハチが集まる花木【ハイビスカス】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ハイビスカス
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井   
科名:アオイ科

特徴:白,赤,ピンク,オレンジ,黄など原色の鮮やかな花色が魅力の熱帯花木で、日本では南国のイメージをまとった植物として、広く親しまれています。
園芸用・観賞用としていくつかの種が「ハイビスカス」として流通しており、その代表的なものはブッソウゲ(仏桑華)です。
沖縄などで地植えされている株は3m程度まで大きく伸びますが、鉢植えのハイビスカスで、高さ40cm程度のものが人気のようです。
夏の暑さや直射日光に強く、開花期が5月~10月ととても長いのが特徴です。
花の寿命はほとんど1日限りの一日花ですが、開花期中は次々と花を咲かせ続けてくれます。
真夏の高温にはさすがにグッタリしてしまい、開花が鈍くなるため、ピークは秋で、9月と10月が見ごろになります。
暑さに強い反面、寒さに弱く、冬にはほとんど枯れてしまうので、一年草扱いです。
たちが活発に活動する暑い時期に咲き続ける数少ない植物ですので、さまざまながやってきます。
花にはよくが寄ってきますが、を作られることはあまりないようです。

蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや少ない
 
 
 

あなたのお庭は大丈夫?【サツキ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
サツキ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ツツジ科

特徴:常緑の低木で、北海道と東北地方を除く日本各地で自生しています
ツツジ科の植物は古くから人気があり、数多くの園芸品種が生みだされました。
その中でサツキは、他のツツジ科の植物に比べ1ヶ月程度遅い5月~6月頃、つまり旧暦の5月 (皐月) の頃に一斉に咲き揃うところからその名が付いたと言われています。
水際に自生するために根が水に強く、加湿を嫌うツツジとは対照的です。
自生するサツキは、河川の護岸工事やダムの建設によって生育地が少なくなり、絶滅が心配されています。
日本原産の植物なので栽培が容易で、生け垣や道路の植え込みとして使われるほか、盆栽としても好まれる植物です。
花にはたちを含む多くの生き物が集まりますし、枝葉が密になりやすいのでを作られるおそれもあります。
茂みの中に、蜂の巣が作られていないか確認してから剪定を行ってください。

蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:多い
 
 
 

蜂の巣駆除依頼数が多い植物【ナンテン】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ナンテン(南天)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:メギ科

特徴:高さは2mくらいで、高いものになると4~5mほどに生長する低木で、幹の先端にだけ葉が集まって付く独特の姿をしているのが特徴です。
6月~7月に白い花が咲き、11月~2月にかけておもに赤色の小さい球状の果実をつけます。
葉や実には殺菌効果があり、咳止めや食品の防腐に利用されていますが、同時に毒素も含んでいるため、素人が安易に試すのは危険です。
多量に摂取すると痙攣、神経麻痺、呼吸麻痺を引き起こすといわれていますので充分に注意してください。
ナンテンは難を転ずることにも通じるため、縁起木、厄よけ、魔よけとして古くから庭に植えられてきました。
初心者でも育てやすく、生け垣にも向いている植物ではありますが、花や実はを呼び寄せ、蜂の巣も作られやすいので、注意が必要です。
剪定の際には、茂みの中に蜂の巣が作られていないかをまず確認するようにしてください。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら