メニュー

蜂が好む植物 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂の巣が作られやすい庭木!? 【ヤマモモ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヤマモモ(山桃)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ヤマモモ科

特徴:山に生え、モモのような果実をつけることからヤマモモと名づけられましたが、モモはバラ科であり、ヤマモモとモモは全くの別植物です。
緑化を目的とする植樹に用いられ、公園や街路、お庭などによく植えられています。
4月に、小さく目立たない花を咲かせます。
雌雄異株のため、実を付けるには雌雄両方の株が必要になりますが、都市部では街路樹として植栽されている雄株が随所にあるため、雌株の結実性は比較的高いようです。
6月ごろに黒赤色でほぼ球形の果実を付け、その表面にはつやのある粒状突起を密生させています。
果実は生食のほか煮物、ジャム、砂糖漬け、またはリキュール等に加工されるなど、さまざまな利用がされていますが、日もちが悪いため生食用としてはあまり市場には流通していません。
開花期や結実期はミツバチを中心としたたちを呼び寄せてしまいます。
また、まだ背丈が低い木にはアシナガバチ、高く生長していればスズメバチを作ってしまうおそれもあります。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 
 
 

自慢のお庭の落とし穴!?【モクレン】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
モクレン(木蓮)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:モクレン科

特徴:昔は、花がランに似ていることから、「木蘭(もくらん)」と呼ばれていたことがありましたが、今ではランよりもハスの花に似ているとして「木蓮(もくれん)」と呼ばれるようになりました。
樹高は4m~5mほどの中高木で、やや横に広がりながら生長します。
4月~5月頃に濃い紅色から桃色の花を咲かせ、上品で強い芳香を放ちます。
公園樹として、日本を含め世界中で広く栽培されています。
民家のお庭に植えられることも多いのですが、脇芽の伸びが早いため、こまめな剪定が必要になってきます。
開花期にはミツバチやチョウ、小鳥たちが集まります。
枝葉の状況によっては主にスズメバチを作ることがありますので、枝葉をあまり密にならないようにするためにも、こまめに剪定を行って下さい。

蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 
 
 

安全なお庭造り【ワスレナグサ】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ワスレナグサ(忘れな草、勿忘草)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ムラサキ科

特徴:日当たりと水はけのよい湿性地を好み、日本全国に野生化して群生しています。
高さは20㎝~50㎝で、開花期は地域によって異なりますが、概ね3月~5月に花を咲かせます。
基本種の花色は青に黄色または白色の目が入ります。
ワスレナグサは、耐寒性には優れていますが暑さには弱く、日本で栽培すると夏の暑さに当てられて花後に枯れてしまうことから、寒冷地を除き、日本では一年草として扱われています。
園芸業界でワスレナグサとして流通しているのは、ノハラワスレナグサ、エゾムラサキです。
エゾムラサキは水辺に咲く植物で、日本でも本州中部以北の高原の湿地に野生化しています。
開花時期にはミツバチやチョウが寄ってくることがありますが、アシナガバチスズメバチの活動期には枯れていることが多いので、ハチの危険はなさそうです。
また、を作られる心配もないように思われます。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

ハチが集まる花木【ラベンダー】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ラベンダー
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井   
科名:シソ科

特徴:ラベンダーは鮮やかな紫色と心地よい香りが魅力のハーブで、花壇の植え込みやコンテナ栽培などで楽しまれています。
開花期は4月~7月です。
揮発性の油を多く含むため、芳香でなどを引き寄せることになり、注意が必要です。
さらに、その油分が原因で、夏の熱さなどで自然発火し、野火をよんでしまうことがあるようです。
精油は香料として用いられ、アロマセラピー(芳香療法)としてリラクセーション等にも利用されています。
ラベンダーを経口摂取した場合、便秘、頭痛、食欲増加を引き起こす可能性があります。
またラベンダー油が皮膚に付くと刺激を感じることがあり、精油や精油を用いた化粧品による接触性皮膚炎やアレルギー反応の報告があります。
ラベンダー油の経口摂取も、有害である可能性があると考えられています。
耐寒性・耐暑性は、系統によって大きく異なるので、育てる環境によって品種を選ぶ必要があります。
強い芳香によって、花にはよくが寄ってきますが、を作られることはほぼないと思われます。

蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ オオスズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

ガーデニングと蜂【ヒマワリ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヒマワリ(向日葵)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:キク科

特徴:高さ3mくらいまで生長する草花で、7月~9月に大きな黄色の花を咲かせます。
花弁は大きな1つの花のように見えるが、実際は多数の花が集まって1つの花の形を形成しています。
多種多様の品種があり、観賞以外にも、タネを炒って食用にしたり、油を搾ったり、飼料に利用されることもあります。
和名の由来は、太陽の動きにつれてその方向を追うように花が回ることからというのが有名ですが、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけのことだそうです。
夏の花の代表格だけあって、暑さにはとても強いのですが、反対に寒さにとても弱く、秋の間には枯れてしまう一年草です。
タネが大きいのでまきやすく、初心者でも簡単に育てることができます。
開花期には花にミツバチやチョウなどが来ますが、スズメバチなどの特に危険なはほとんど見かけられません。
蜂の巣を作られることも皆無ですので、安心して植えることができる植物だといえそうです。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

蜂の巣駆除の依頼が少ない花木【ルピナス】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ルピナス
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:マメ科

特徴:ルピナスという名前は、ラテン語でオオカミを意味するループスという言葉に由来し、どんな土地でも育つたくましさがオオカミを連想させたと言われています。
開花期は4月下旬~6月で、花の様子がフジに似ており、花が下から咲き上がるため、「ノボリフジ(昇り藤)」とも呼ばれています。
古くは、食料、肥料、飼料、石鹸の材料として利用され、現在では観賞用として園芸植物としての栽培が一般的です。
寒さに強い半面、暑さには弱いため、暖地の気候にはあまり合わず、温暖な地域では一年草として扱われます。
開花期にはミツバチがくることがあり、開花後はアシナガバチを作るおそれが少しありそうですが、ハチの危険性は少ない花木だと考えられます。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

ハチが寄りにくいお庭造り【ユリ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ユリ(百合)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ユリ科

特徴:山岳地帯を含む森林や草原に自生することが多く、一般的には石灰質でない弱酸性の土壌を好みます。
日本の園芸では秋植えの球根草として扱われ、代表的な種に、ヤマユリ、オニユリ、カノコユリ、ササユリ、テッポウユリ、オトメユリなどがあります。
5月~8月ごろに開花します。
庭植え、鉢植え、切り花に加え、ゆり根を食用にするなど、さまざまな楽しみ方があります。
東洋ではユリは食用や薬用、花の観賞用に使用されます。
西洋ではユリは聖書にしばしば登場する花のひとつで、キリスト教においては白いユリの花が純潔の象徴、聖母マリアの象徴として描かれています。
寒さに強く、初心者でも育てやすい植物ですが、加湿に弱いので梅雨の時期の病気に気をつける必要があるそうです。
球根が腐りやすいため排水のよい清潔な土に植えてください。
開花期にはが寄ってくることがありますが、を作られることはあまりないようです。

蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

蜂の巣が作られやすい庭木!? 【ビワ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ビワ(枇杷)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:バラ科

特徴:ほっておくと、高さはおよそ10mになる高木です。
種を蒔くと簡単に発芽し、無農薬でつくれるので家庭向きの果樹で、観葉植物としても楽しむことができます。
お庭で育てる場合は、生長が速いので剪定で2m~5mに育てると良いでしょう。
温暖な地域での栽培が多いものの、品種によっては若干の耐寒性を持ち、寒冷地でも冬期の最低気温-10℃程度であれば生育・結実が可能です。
11月~2月に、目立たないですがとても良い香りを放つ白い小花を咲かせます。
6月ころには、名前の由来にもなっている楽器の琵琶のような形の果実をたくさん実らせます。
果実を実らせる時期だけにかぎらず、いつでもさまざまなやその他の昆虫たちが集まりやすい植物ですので、注意が必要です。
蜂の巣を作られることも珍しくありません。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:普通
 
 
 

ハチが好む花木【スイレン】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
スイレン(睡蓮)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:スイレン科

特徴:スイレン科スイレン属の水生植物の総称とされ、日本にはヒツジグサの1種類のみ自生し、日本全国に広く分布しています。
水位が安定している池や沼などに生息し、地下茎から長い茎を伸ばし、水面に葉や花を浮かべます。
日本において一般的なスイレンは、いくつかの野生種を交配、品種改良し、作出された園芸種で、様々な姿の品種が存在します。
スイレン(睡蓮)とハス(蓮)の花を指して「蓮華」(れんげ)といい、清らかさや聖性の象徴として称えられ、仏教や密教、ヒンドゥー教などの宗教において特別な意味を持ちます。
スイレンとハスはとても似た植物ですが、ハスの葉は水面よりも高く出るのに対し、スイレンの葉は、熱帯睡蓮を除き、水面までしか出てこないのが見分けるポイントです。
開花期は6月~11月と多くのの活動期と重なりますので、花にはミツバチを中心としたがよく寄ってきますが、を作られることはほぼなさそうです。
 
蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

蜂の巣駆除依頼数が多い植物【ツバキ】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ツバキ(椿)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ツバキ科

特徴:ツバキは古くから庭木として親しまれている、日本を代表する花木のひとつで、日本だけに限らずヨーロッパやアメリカでも人気の高い植物です。
樹高が6mほどの常緑中高木で、光沢のある濃い緑の葉をもち、花以外にも葉や枝も観賞の対象になるのが特徴です。
生長が遅いのですが、寿命が長いため、樹高が18mに達した例もあるそうです。
主に2月~3月に開花しますが、数多くの園芸品種が生み出されていますので、全体としての開花期は11月~4月になります。
ツバキと、同じツバキ科のサザンカとはよく似ているのですが ツバキの花は完全には平開しないのに対し、サザンカはほとんど完全に平開します。
耐寒性・耐暑性が強く、日陰でも育つので栽培しやすく、生け垣にも向いています。

ツバキやサザンカ、チャノキなど、ツバキ科の植物には4月から10月にかけて年に2回、チャドクガというケムシが発生することがありますので、よく注意して観察してください。
開花期にはミツバチやチョウ、小鳥たちが集まります。
枝葉の状況によってはスズメバチアシナガバチを作ることがありますので、枝葉をあまり密にならないようにするためにも、しっかり剪定を行って下さい。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら