メニュー

スズメバチの天敵 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

ハチネタブログ

スズメバチの天敵

作成日:2016年06月03日(金)

昆虫界で頂点に位置しているスズメバチですが、そのスズメバチにも天敵がいます。

日常的に個体が捕食される可能性があるのは、クモカマキリなどです。
女王バチがまだ単独の時期は、アリも脅威になります。

 

巣(コロニー)にとってやっかいな存在になるのは、スズメバチネジレバネやカギバラバチ、オオハナノミといった寄生虫がいます。
寄生を受けた個体は、はたらきバチらしい仕事をしなくなるため、その個体数が多いとコロニー全体が不活発になり、巣も大きくならずに終わります。
女王バチが寄生されると、巣作りや産卵をしないため、コロニーは壊滅してしまいます。

 

さらに、ハチクマという猛禽類(タカの仲間)が、好んでスズメバチの巣を襲い、巣を破壊しながら幼虫を食べます。

スズメバチの天敵 ハチクマ

ハチに刺されても平気という、スズメバチにとっては非常にやっかいな敵です。

 

最後に、忘れてはならないのが我々人間の存在です。

人間の場合は防衛の手段として巣を攻撃するのですが、スズメバチにとっては他と同じように、巣に脅威を与える存在のひとつなのでしょう。

 

お問い合わせフォームはこちら