メニュー

アシナガバチの天敵 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

ハチネタブログ

アシナガバチの天敵

作成日:2016年05月21日(土)

アシナガバチにとって一番恐ろしい敵は、実はアリです。
アリは巣内の卵や幼虫、さなぎを連れ去って食料にしてしまいます。

アシナガバチの巣は、背の低い木の枝などにぶら下がるように作られます。
巣へのアリの侵入を防ぐために、アシナガバチの女王バチは、巣の上部や枝とつながる部分におなかをこすりつけ、アリが嫌がる汁を塗ります。
それでも働きバチが生まれるまでは、女王バチが自ら餌や巣の材料を探しに出なければなりませんので、留守中に巣が襲われてしまうことも珍しくありません。

 

アシナガバチの巣を狙うものには他に、スズメバチのなかまのヒメスズメバチがいます。
ヒメスズメバチの幼虫は、アシナガバチの幼虫やさなぎを食べ物としています。
ヒメスズメバチはアシナガバチの巣を襲い、幼虫やさなぎを引き抜いて咬み付き、その体液を集めて自分たちの幼虫にあたえます。

スズメバチのなかまの中ではおとなしく、人間に対しての攻撃性は少ないヒメスズメバチですが、アシナガバチにとっては恐ろしい存在なのです。

お問い合わせフォームはこちら