メニュー

ハチネタブログ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

水際で食い止められるのか?ヒアリとアカカミアリ

作成日:2017年06月29日(木)

昨日、強毒のヒアリが神戸港のコンテナヤードから見つかったとの発表があり、続いてその近くで別の毒アリアカカミアリも見つかったと発表されました。
このことを受け、環境省や神戸市などが水際で食い止めようと対策に追われ、国交省は全国の自治体に、主要港湾内を調査するよう求めました。
上陸をゆるしたとなれば、日本にとって大きな打撃になりますので、今後の発表が注目されます。

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井

ヒアリ(左)とアカカミアリ(右) 環境省提供

 

ヒアリとは?
南米原産の体長が2.5mm~6mmの小型のアリで、赤褐色の体色をした、環境省指定の「特定外来生物」です。
スズメバチと同じくらい強力な毒を持ち、腹部にある針で刺されると火傷のような激しい痛みが生じます。
ミツバチと違って刺すと針が取れることがないため、スズメバチのように連続して複数回相手を刺すことが出来ます。
獰猛さはキイロスズメバチのようで、相手を問わず集団で襲いかかり、ネズミや爬虫類などの小さな生き物なら、集団で食い殺してしまいます。

 

アレルギー反応によって死に至ることも!
ヒアリの毒への反応は、刺された人の体質や体調によって大きく異なり、重度の場合にはアナフィラキシーショックを起こし、生命の危険を伴います。
ヒアリの毒には、ハチの毒と共通の成分が含まれているため、過去にハチに刺されてアレルギー反応をおこしたことがあるなど、ハチ毒アレルギーを持つ人は特に注意が必要です。
アメリカにおいては、ヒアリの被害が年間8万人以上に上ると報告されており、うち100人以上がアレルギー反応によって亡くなっています。
日本において、スズメバチの被害による死者数が、年平均20人ほどを推移していますので、今後ヒアリが拡散するとなれば、いずれはスズメバチを超える被害が出るおそれがあります。

 

アカカミアリとは?
アカカミアリもヒアリと同様、「特定外来生物」に指定されている毒アリです。
アカカミアリは、すでに沖縄県などに定着していることが確認されているほか、本州の各港でも貨物の中などで発見された例があります。
毒は激しい痛みや水疱、アレルギー反応などを引き起こしますが、ヒアリの毒よりは弱いため、今までに国内における死亡例はないそうです。
ヒアリに似て体長が3mm~5mmと小型のアリで、体色も似ているため、肉眼ではヒアリとの区別は困難だといわれています。

 

庭木の害虫 チャドクガ(茶毒蛾)に注意!!

作成日:2017年06月17日(土)

チャドクガ(茶毒蛾)はドクガ科の昆虫で、本州以南の日本各地に分布し、日本では代表的な毒蛾です。
幼虫、いわゆるケムシは、4月から10月にかけて年2回発生し、園芸植物に被害をおよぼすほか、刺されて被害にあう人が後を絶ちません。
特にチャノキツバキサザンカなどツバキ科の植物の葉を食害します。

 

チャドクガ(茶毒蛾)の画像閲覧注意

 

1枚の葉の裏に10匹以上が固まっている初期の頃に、その葉っぱごと処分すると被害がほとんど発生せずに済みます。
成長するにしたがって木全体に拡散しますので、放置しておくと木が一本、丸裸にされてしまうことがあります。
植物全体に散ってしまったら、ケムシ用の殺虫剤を散布する必要があります。

 

チャドクガは生涯を通じて毒針毛をもち、抜けた毛や殺虫剤散布後の死骸に触れただけでも皮膚にかぶれを生じます。
発熱やめまいを生ずることもあり、そのままにしておくと長期にわたってかゆみが続きます。
一般市販薬ではほとんど効果はみられず、蚊に刺されたとき用のぬり薬は症状を悪化させることがありますので、症状が重くなる前に迷わず医師の診察を受け、処方薬を使用するようにしてください。
一度その被害にあった人は、個人差はありますが、2回目以降にハチ毒と同じくアレルギー反応を起こすことがあります。

 

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
チャドクガの毒針毛に触れた皮膚  

 

皮膚についた毒針毛は、ガムテープなどを貼って丁寧に除去し、流水で時間をかけて洗い流します。
衣服についた毒針毛は、洗濯機などでの水洗いはほとんど効果がなく、洗濯槽を介して他の衣料品に毒毛針を拡散させてしまいますので避けましょう。
チャドクガの毒成分はたんぱく質で熱に弱いため、50℃以上のお湯での洗濯や、スチームアイロンをかけるのが効果的です。

 

チャドクガの天敵としては、スズメバチ類が知られています。

 

チャドクガの駆除につきましても、お気軽にご相談ください。

 

蜂の巣対策の重要ポイント ―フード―

作成日:2017年06月12日(月)

ここでいうフードとは、建物の外壁に取り付けられている換気扇のフードや、ガラリ(通気口)のフード(フード付きの場合)を指します。
建物の周囲を見回してみると、以下のようなものが見つかると思います。

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井

このフード内は雨風をしのげる他、直射日光を浴びることもないため、ハチたちにとってはすごしやすい場所となっています。
フード付きのガラリには、フードの口部分に網が付いているものもありますが、網がないものも多くあります。
換気扇のフードにいたっては、網は油汚れによる目詰まりのおそれや、洗浄の際の邪魔にもなるので、そもそも取り付けられていないことがほとんどです。
マンション・アパートで空き部屋になっている場合や、めったに自炊をされない場合には、換気扇を長期間使用しないことになりますので、ハチを作ってしまいます。

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  

マンション・アパートの管理者様は空き家になっている部屋の換気扇のフードに、網やカバーをかけておくことをおすすめします。

 

こんなところに蜂の巣が! 《営巣場所例》 【1】

こんなところに蜂の巣が! 《営巣場所例》 【2】

 

蜂の巣対策の重要ポイント ―ガラリ―

作成日:2017年06月11日(日)

ガラリとは、屋内と屋外の通風、屋根裏や天井裏、床下の通風、あるいは屋内の部屋間の通風を行いたい場所に、外部に対して目隠しをしながら換気ができるように取り付ける部品のことで、「ルーバー」とも呼びます。
外壁用や軒天用または床下用など、取り付ける場所によっていろいろなタイプのものがあります。
建物の周囲を見回してみると、以下のようなものが見つかると思います。

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井

これがガラリと呼ばれるもので、温度に応じて通気口を自動開閉するもの、手動式のシャッターが付いたものなど各種あります。
材質も風雨の当たる場所に最適なステンレス製や、樹脂製などさまざまなタイプがあり、各メーカーが多数の商品を出しています。
温度や湿度を調整することによりカビの発生を防止し、建物を健康に長持ちさせるために欠かせない部品です。

 

このガラリには防虫網がセットになっているものと、そうでないものとがあります。
防虫網がない場合、もしくはあっても古いもので風化・腐食により穴が開いてしまっている場合には、ハチが自由に出入りできてしまいます。
鳥、コウモリ、イタチやネズミ、ヘビなどは出入りできないが、ハチは出入りできるといった状況であれば、ハチたちにとっては絶好の営巣場所となり、高い確率で巣を作ってしまいます。

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  

ぜひ一度、ガラリ(通気口)に網が付いているか、穴が開いていないかを確認してみてください。
もし防虫網がなかったり、網に不具合がみられたりするのであれば、ハチを作られてしまう前に網を張っておきましょう。

 

こんなところに蜂の巣が! 《営巣場所例》 【1】

こんなところに蜂の巣が! 《営巣場所例》 【2】

 

 

ハチに刺されたらポイズンリムーバー!

作成日:2017年05月13日(土)

登山やキャンプは自然の中で行うので、何が起こるか分かりません。

ハチに限らず、ヘビやムカデなどに刺されたり、噛まれたりして毒を注入されてしまうことがあります。
そんな時に有効なのがポイズンリムーバーです。

 

ポイズンリムーバーは、蜂やアブ、蚊、毒虫などに刺された時、患部から毒液や毒針を吸引作用で抽出する器具で、医師の手当てを受けるまでの応急処置としてアウトドアの必携品です。

 

すぐに毒液や毒針を正しく排出すれば症状の悪化を防いでくれます。
慌てて口で吸うなどせず、正しく道具を使用して適切な応急処置をしてください。
ただし、刺されたら数分以内にはポイズンリムーバーで吸引しましょう。
時間が経ち過ぎてからの使用は、あまり効果に期待ができません。

 

私も蜂の巣駆除の際には必ず持ち歩いているもので、ハチ駆除屋にとっての必須アイテムといえます。
ハチ駆除に限らず、山歩きや畑仕事、散歩の際のもしもの時に備え、一つ持っていれば安心です。
また、自然環境が豊かな場所にお住まいの場合は、ご家庭にもお備えしておくことをおすすめします。

 

いくつかの製品が発売されていますが、どれも小型で軽く、誰にでも手軽に使用できるものです。
価格は1,000~3,000円のものがほとんどで、使用後に洗浄すれば繰り返し使うことができます。

 

ちなみに、私が普段持ち歩いているものはこれです↓

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都

ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー 1,200円程度

《主な対象種》

ハチ・ブユ(ブヨ・ブト)・アブ・ムカデ・蛾(ドクガ類)・蛾(イラガ類)・蚊・ゲジ(ゲジゲジ)・蛇(ハブ・マムシ)など

 

その他の製品や使い方については、こちらのサイトで詳しく解説されています。

 

 

私は持ち歩いていませんが、過去に強いアレルギー反応がでたことがあるのなら、エピペンも常備しておくといいかもしれません。


エピペンはアドレナリン自己注射薬で、根本的治療をするものではありませんが、医師の治療を受けるまでの間、アナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤です。

 

アナフィラキシーショックによる意識喪失や窒息を回避し、救急車の到着までに死亡することを高確率で避けられるそうです。
アナフィラキシーショックはハチに限らず様々なもので起こるので、心配な方はエピペン処方医師に登録された医師のいる医療機関で診察を受け、処方してもらってください。

 

 

 

注意!蜂たちが活動を始めています!!

作成日:2017年05月11日(木)

5月に入り、ずいぶん暖かくなってきたと感じるこの頃ですが、今年も蜂たちが活動を始めているようです。
蜂が好む植物集』作成にあたっての写真撮影等で、主に滋賀県内の植物園や自然公園を回っているのですが、日に日に蜂の姿を見掛けることが多くなってきました。
それにつれて、蜂についての相談や駆除依頼のお電話が増えてきています。

 

今は、ハチによる刺傷被害の中心であるスズメバチやアシナガバチにとって重要な時期です。
冬眠から目覚めた女王蜂が、単独で巣作りを開始し、迅速かつ確実に働き蜂たちを誕生させなければならない時期にあたります。


普段は働き蜂たちに守られながら産卵に専念し、巣から出ることのない女王蜂ですが、この時期だけは自ら動き回るしかないのです。

蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都

 マルバヤナギの樹液をなめるオオスズメバチの女王蜂

 

単独で活動をしますので、もし外敵に襲われたり、病気にかかったり、駆除されるようなことがあれば、その女王蜂の一族は絶滅することになります。
そのため、女王蜂は働き蜂たちが生まれるまでは、戦いを避けて逃げ、生き延びることを優先します。
しかしこの時期を乗り切った場合、つまり働き蜂たちが誕生してコロニーが拡大していくと、働き蜂たちが女王蜂と巣を守るために命がけで戦うことになってしまいます。
ですので、このような初期の段階で発見・駆除することができればハチ刺傷の被害を大幅に減らすことができます。
暖かくなってきたこの時期、ぜひ一度、お住まいの周囲を確認・観察してみてください。

 

 

 

食材としてのスズメバチ

作成日:2017年05月06日(土)

昆虫を食べる習慣は、世界各地で見られますが、日本ではスズメバチをはじめ、イナゴ、蚕、セミ、などが昆虫食の対象とされてきました。

昆虫食は、日本の山間部では、川魚に匹敵する貴重なタンパク源として、古くから親しまれてきました。

戦後の交通事情や輸送技術、食料の保存技術の発達に伴って、日本の昆虫食の文化や習慣などは、一般的にはほとんど失われ、現在では限られた地域にその風習を残すのみです。

その中でも、スズメバチとイナゴは、現在も各地で食べられており、特にスズメバチの子であるサナギと幼虫は蜂の子と呼ばれ、日本における昆虫食の代表格でもあります。

 

日本では佃煮などにして食べられることが多いのですが、蜂の子には多くの栄養素が豊富に含まれており、中国では漢方としてもちいられ、副作用のない安全な不老長寿の最高薬とされています。

地域によってはスズメバチの成虫を食べるところもあり、揚げたり甘露煮にしたり、フライパンで炒ってご飯にかけるなど、いろいろな食べ方があるようです。

長野県や岐阜県、さらに愛知県の山間部などでは、スズメバチを使用した食品があちこちで販売されており、その種類も豊富です。

 

商品例
甘露煮
へぼ(クロスズメバチ)を使ったものがほとんど。
成虫だけのものや、蜂の子(幼虫やさなぎ)だけのもの、その両方を使用したものがある。
缶詰やビン詰で売られているものも多い。
炊き込みご飯や、ちらし寿司の具によく使われています。

煎餅
へぼ(クロスズメバチ)の成虫が入った煎餅。


へぼ(クロスズメバチ)をすりつぶして混ぜたたれを付けた五平餅。

機能性飲料
スズメ蜂エキスが入った、健康の保持・増進に役立つとされている飲料水。
蜂蜜、ローヤルゼリー、プロポリスなども入っている。

アルコール飲料
スズメバチを焼酎に漬け込んだものや、日本酒に沈められているものがある。
主にオオスズメバチやキイロスズメバチが使われています。

 

私は食べる勇気がなく、まだ食べたことがありませんので、味や触感などの説明は今のところできません・・・

 

 

No.1危険生物=ハチ

作成日:2017年05月04日(木)
ハチに刺されたことで命を落とした人の数は、厚生労働省の人口動態調査(毎年9月に前年分の集計結果が公表)で知ることができます。
そのほとんどがスズメバチによるものですが、ミツバチアシナガバチによるものも含まれています。
 
日本において、ハチの刺傷が原因で死亡する人の数は、ここ10年ほど年間20人前後を推移しています。
 
殺人生物
 
これによると、人を除いた全ての動物のなかで、人を死に至らしめる最たる動物はハチであるということがわかります。
日本では、ハブやマムシなどの毒蛇でもなく、熊や野犬などでもなく、そしてウィルスを運ぶ蚊でもなく、ハチが最も人の命を奪っているのです。
 
 
 
 

夏は毒を持つ生物の活動期!

作成日:2017年05月04日(木)

夏本番ともなれば、海や山へ出かける人も多いと思います。
気を付けなければならないのは、この時期毒を持つ生物が活発に活動するということです。
そのなかでも、わりと遭遇する頻度が高い生物として、以下のようなものがあります。

 

スズメバチ

蜂 スズメバチ  

最も遭遇する可能性が高いのが、このスズメバチでしょう。
山に限らず住宅地においても、日常生活のなかで遭遇することがある種です。
毒を持つ大型の蜂として有名な昆虫ですが、攻撃的な性格なので、見つけたりした場合は静かに離れるようにしましょう。
スズメバチは、濃い色の物に警戒を示す習性があるため、山に入る時はできるだけ白っぽい服装にし、髪の毛などは帽子などで隠すことをおすすめします。
万が一刺された時は、すぐに下山して病院へ向かうようにします。
特に発疹が出たり、息苦しくなったりといった症状が出てきた場合、スズメバチの毒に対して急激なアレルギー反応が起きている可能性があります。
重篤な状態に至りかねませんので、できるだけ迅速に病院へ行きましょう。

 

 

マムシ

マムシ  

マムシは日が差すような場所ではなく、昼間でも薄暗いような藪や山道で遭遇します。
咬まれると患部に焼けるような痛みが起こり、著しく腫れ上がることが多いとされています。
南西諸島や沖縄県に生息するハブよりは、重篤な状態に至らないといわれますが、死亡する場合もある危険な生物です。
長靴や長袖を身につけるようにし、万が一咬まれた場合は、可能な限り安静を保ち、救急車を要請するほうが好ましいとされています。
携帯電話が繋がらない場所の場合や、救急車の要請が難しい場合は、患部の近くを包帯などで固定し、息が上がらないように気を付けながら病院へ急ぎましょう。
息が上がらないように移動するのは、毒が急速に全身に回らないようにするためです。

 

ゴンズイ

ゴンズイ  

海でも注意しなければならない生物がたくさんいます。
よく目にする毒を持った生物といえばゴンズイでしょう。
堤防や港などで釣りをしているとよく掛かる魚で、ユーモラスな顔をしていますが、毒針を持っており、手で触れたりすると数日は激しい痛みが残ります。
釣れてしまった場合は、釣り糸ごと切って海に捨てるほうが無難でしょう。
誤って触って刺された場合には、激しい痛みが残りますので、棘を抜いて早めに病院を受診するようにしましょう。

 

アカエイ

アカエイ  

尾の根本に毒がある針を持っており、刺されると激しく痛みます。
釣りをしている時に、たまたま釣り上げた際に触れて、刺されることがあります。
また、浅瀬に上がってくることも多く、砂と似た色をしているため、誤って踏んでしまい刺されることもあります。
アカエイに刺されると、血圧低下、呼吸困難などの症状が出て重篤な状態に至るケースが珍しくありません。
可能なら患部を圧迫して毒を洗い流し、できるだけ早く病院で医師の診察を受けるようにします。

 

カツオノエボシ

カツオノエボシクラゲ  

毒を持つクラゲの中でも、刺されると激しい痛みを起こすクラゲです。
とてもきれいな青い色をしていますが、海水浴などで見かけた場合は、絶対に触れてはいけません。
また、波打ち際に打ち上げられていることもありますので、誤って踏んだりしないように気をつけましょう。
刺された場合、患部にカツオノエボシの触手が残っている場合は、そっと引きはがし、清潔な海水で洗いましょう。
カツオノエボシに刺されると患部が腫れ、激しいかゆみが出ることがありますが、これはアレルギー反応の一種です。
小児が刺された場合や、大人でも刺された範囲が広い場合は、ショックを起こす場合がありますので、激しい痛みやかゆみ、呼吸が苦しくなるような症状が出た場合は、救急車を呼びましょう。

 

他にも、危険な生物はたくさんいます。
海や山へ出かける場合は、可能な限り肌を露出させた服装をせず、場合によっては、医師に相談して応急処置に使える医薬品を持参するくらいの備えも必要です。

スズメバチのよくある誤解

作成日:2017年04月26日(水)
ハチに2度刺されると死ぬことがある
 
この認識は、決して間違いではありませんが、誤解を生じるおそれがあります。
「アレルギー反応が初めて出るのは、2度目が1番多い」と覚えて貰ったほうが誤解がないかと思います。
2度目に何も症状が出なかったからといって、何度刺されても大丈夫なわけではありませんし、実は1度目であっても症状があらわれることもあります。
アレルギー反応の有無やその症状の度合いは、体質だけでなく、刺された場所や数、その時の体調によって変わるということです。
 
 
 
虫よけでスズメバチを遠避けられる
 
虫よけには、スプレータイプや直接皮膚に塗るタイプがありますが、いずれもカ・ブユなど吸血性の虫を防ぐものです。
スズメバチは、に危害を加える外敵に向かって捨て身で攻撃をしてきますので、虫よけは全く役に立ちません。
 
 
ハチに刺されたらアンモニアを塗るのが効果的
 
昔から言われ続けていて、広く定着してしまっている説だと思いますが、これはまったくの誤解です。
スズメバチの毒液はほとんど中性に近く、アンモニア(アルカリ性)で中和しようという行為には効果はありません。
氷で冷すほうがよほど効果的です。
 
 
スズメバチの巣は繰り返し使われる
 
どんなに大きなでも秋になると空になり、翌年以降に再利用されることはありません。
春先の女王バチは、単独で新しいを一から作り始め、作りや子育ての全てをこなします。
この時期のは小さく、女王バチは攻撃性がほとんどないので駆除も簡単です。
女王バチが産卵に専念できるようになるのは、娘である働きバチが羽化する夏以降のことなのです。
 
 
スズメバチはミツバチの仲間
 
両方とも大きなを作って暮らしていますが、進化の歴史から見ると両者の関係はずいぶん遠いものです。
ミツバチは幼虫の餌として花粉や蜜を与えますが、スズメバチは毛虫やハエなど動物質の餌を与えます。
スズメバチは自身の食事としてのみ樹液や花の蜜を求めるため、に蜜をためることはありません。
なおスズメバチの仲間は世界で約60種、日本では17種が知られています。
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら