メニュー

【ナツツバキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【ナツツバキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ナツツバキ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井 蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井
科名:ツバキ科

特徴:落葉性の高木で大きくなると樹高は20mになります。
6月~7月ごろ、ツバキに似た白い花を咲かせるのでこの名前があります。
ただし、花は一日花で、開花後1日で落ちます。
古くから寺院などの庭に「シャラノキ」と称して植えられてきました。
シャラノキ(沙羅木)は仏教においての聖樹であるサラソウジュ(沙羅双樹)のことですが、本来のサラソウジュはフタバガキ科の全く違う樹木です。
サラソウジュの代用として植えられたことが誤認の原因とされています。
剪定によって樹高も抑えられるところから、庭木やシンボルツリーとして人気があります。
開花期の花にはミツバチが蜜や花粉をもとめてやってき、生い茂った枝木にはアシナガバチスズメバチを作ることがあります。
剪定の際には、茂みの中に蜂の巣が作られていないかをまず確認するようにしてください。
 
蜂遭遇率:やや高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら