メニュー

ハチが寄りにくいお庭造り【デンドロビウム】 | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

ハチが寄りにくいお庭造り【デンドロビウム】

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
デンドロビウム
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ラン科

特徴:通常デンドロビウムと呼ばれるものは、園芸種の洋ランとして栽培されているものに限られます。
多くの改良品種や交配品種があり、その色や形、特徴も多岐にわたり、鉢植えで育てる愛好家も多い植物です。
デンドロビウムはその品種数の多さから、個々の種類別よりも系統別に考えられることが一般的です。
花が茎の節ごとに短い柄の先に少数ずつつくノビル系、茎の先端から長い穂状に花序を伸ばし、胡蝶蘭にも似ているファレノプシス系の2つが特に観賞用として出回っており、人気があります。
他にもフォルモーサム系、キンギアナム系、カリスタ系などがあります。
概ね2月~7月に花を咲かせ、開花期が長く、比較的育てやすいのが特徴です。
屋外に置いている場合、花にはまれにが寄ってくることがありますが、を作られることはほぼなさそうです。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:少ない
 
 

お問い合わせフォームはこちら