メニュー

【ハス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【ハス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ハス(蓮)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井   
科名:ハス科

特徴:水底の土中に地下茎を伸ばし、そこから葉と花茎を水面に伸ばす水生植物で多年草です。
食用、薬用、観賞用として栽培され、地下茎はレンコン(蓮根)として食用になることで知られています。
暑さに強く、日当たりがよい場所を好むので、朝から夕方までずっと直射日光が当たる場所に植えられます。
池で咲くイメージが強いですが、大きなかめや樽でも栽培することができます。
ハス(蓮)の花とスイレン(睡蓮)を指して「蓮華」(れんげ)といい、清らかさや聖性の象徴として称えられ、仏教や密教、ヒンドゥー教などの宗教において特別な意味を持ちます。
ハスとスイレンはとても似た植物ですが、ハスの葉は水面よりも高く出るのに対し、スイレンの葉は、熱帯睡蓮を除き、水面までしか出てこないのが見分けるポイントです。
開花期は7月~9月で、白またはピンク色の花を咲かせ、 早朝に咲き昼には閉じてしまいます。
開花期と、多くのの活動期が重なりますので、花にはミツバチを中心としたがよく寄ってきますが、を作られることはあまりないようです。
 
蜂遭遇率:高い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら