メニュー

安全なお庭造り【スイセン】 ハチ駆除ドットコム調べ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

安全なお庭造り【スイセン】 ハチ駆除ドットコム調べ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
スイセン(水仙)
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀 京都 大阪 三重 福井  
科名:ヒガンバナ科

特徴:チューリップヒヤシンスなどと同様に、春の花を代表する典型的な球根植物です。
原種は30種類ほど知られており、園芸用に品種改良されたものが広く栽培されています。
日本の気候と相性が良いので、初心者でも育てやすく植え放しでも勝手に増えていきます。
多年草で、系統によって開花時期が異なり、11月中旬~4月にかけて白や黄の花を咲かせ、夏には枯れて休眠します。
花が咲いているころはミツバチやチョウなどが来ますが、スズメバチたちが活動を始めるまでには咲き終わるので、危険度は低いと考えられます。
しかし、スイセンの場合はハチよりもこの植物自体に注意をしなければなりません。
スイセンは有毒植物で、食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こします。
中毒は初期に強い嘔吐があり、摂取物の大半が吐き出されるため、症状が重篤に到ることはあまりありませんが、死亡した例もあるようです。
スイセンの葉がニラにとてもよく似ていることから、間違えて食べ、中毒症状を起こす事例が珍しくないそうです。
自生しているものを見つけ、ニラだと思っても、葉からのニラ特有の臭いがなければ食さないように気を付けましょう。
 
蜂遭遇率:普通
蜂の種類:ミツバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら