メニュー

【チャノキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【チャノキ】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
チャノキ
蜂 ハチ 蜂の巣 駆除 滋賀  
科名:ツバキ科

特徴:
中国原産の常緑樹で栽培されたものが野生化し、各地方に自生しています。
花は10月から12月頃に白い花を咲かせます。
チャノキの主に新芽にカフェイン、カテキン、アミノ酸(テアニン)等が豊富に含まれており、飲用として利用されています。
緑茶やウーロン茶、紅茶など、さまざまなお茶に使われているのが、この植物の葉(新芽)です。
 
蜂の巣駆除の際に、稀にコガタスズメバチの育房のキャップ部分が黄色をしていることがあるのですが、これは働き蜂がチャノキを訪花して花粉をつけてきた為だと考えられています。
花によくがやって来るほか、枝葉が密になりますので、スズメバチアシナガバチを作ることも珍しくありません。
また、ツバキサザンカチャノキなど、ツバキ科の植物には4月から10月にかけて年に2回、チャドクガというケムシが発生することがありますので、よく注意して観察してください。

蜂遭遇率:
普通
蜂の種類:
ミツバチ アシナガバチ スズメバチ
蜂の巣駆除依頼数:やや多い 
 
 
 

お問い合わせフォームはこちら