メニュー

【ヒガンバナ・マンジュシャゲ・リコリス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ | 蜂の巣駆除はハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪・三重 対応

蜂が好む植物

【ヒガンバナ・マンジュシャゲ・リコリス】滋賀県の蜂の巣駆除業者によるハチ危険度まとめ

植物ハチ危険度/滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム調べ
 
ヒガンバナ(彼岸花)・マンジュシャゲ(曼珠沙華)・リコリス
滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム 滋賀・京都・大阪の蜂の巣駆除専門業者のハチ駆除ドットコム
科名:ヒガンバナ科

特徴:全草有毒な多年生の球根性植物で、秋の彼岸のころになると水田の畦や墓地などに群生して主に赤い花を咲かせますが、そのほとんどが人為的に植えられたものと考えられています。
その目的は、畦の場合は田を荒らす動物がその毒を嫌って避けるように、また墓地の場合は、虫除け及び土葬後に死体が動物によって掘り荒らされるのを防ぐためだったとされています。
ヒガンバナは日本では彼岸の時期に咲くこと、猛毒性、墓地に植えられていたことから死を連想させ、さらに花の形が燃え盛る炎のように見えることから、家に持って帰ると火事になるという迷信もあり、あまりよいイメージがないため生産は多くありませんでした。
園芸上では「リコリス」と呼ばれ、欧米では園芸品種が多く開発されており、園芸品種には、赤のほか白、黄、オレンジ、ピンク、紫の花弁をもつものがあります。
開花期が7月中旬~10月中旬とハチの活動期と重なるため、花にハチがやってくることはありますが、を作られる心配はなさそうです。
 
蜂遭遇率:低い
蜂の種類:ミツバチ アシナガバチ
蜂の巣駆除依頼数:非常に少ない
 

お問い合わせフォームはこちら